お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ア・ホーマンス

G

松田優作が監督&主演! ふたつの暴力団組織の対立で揺れる新宿に現れた男の正体は!?

新宿・歌舞伎町では、大島組と旭会というふたつの暴力団組織が対立。大島組の山崎(石橋凌)は、デート喫茶を仕切ってシノギに追われる生活にイライラした毎日を送っていた。そんなある日、謎の男“風”(松田優作)が現われる。風の存在が、ふたつの組織と街に息づく人々をも音を立てて巻き込んでいく…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1986
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪邦画ランキング

ア・ホーマンスの評価・レビュー

3.1
観た人
605
観たい人
281
  • 3.1

    ミツタロウさん2021/05/21 19:50

    松田優作なんだかんだ初見たかも
    雰囲気だ、この雰囲気だよ
    時代の匂いをさせながら、夜の緑と赤の光がsfの匂いをさせていた

  • 3.0

    いえねこむすめさん2021/05/05 17:59

    リアルに近づけようとしたのかセリフが聞き取りづらかった。
    最後意外すぎて笑った。
    ポール牧が良かった。

  • 2.6

    ume0214さん2021/03/03 19:23

    CSで視聴。
    ブレードランナーぽい靄の漂う世界観。
    暗いシーンばかりでよく見えない、ボソボソ声の台詞ばっかで聴き取り難い。駄目な日本映画が凝縮されてる。
    最後にはターミネーターぽいサングラスだなと思ったら本当にターミネーターになりやがったw
    松田優作はじめ知っている俳優が出演してるからおまけでこの点数。
    評価するとすれば昔のヤクザ映画とは違う台詞や立ち回り。それとポール牧。

  • 2.8

    kino8310さん2021/02/10 00:05

    ★奥ゆかしさと歯がゆさ★
    記憶喪失の男「ふう」。行きついた新宿界隈で若手やくざの幹部山崎と仲良くなり、次第に抗争ぽいものに巻き込まれる。

    どのシーンも引きの画がおおく、アップでツギハギにしたくない松田優作の志向が垣間見える。監督で自分を目立たせたくなかったのか、一歩引いた感じになったのは残念だった。

    あとは予算の問題があったのかなぁー?それとも役者が監督するのは、ハンデがあったのか?そんなモヤモヤも感じた。

  • −−

    島袋健太郎さん2021/02/04 10:03

    観ている間中、とても興味深いなぁという気持ちでいた。
    「面白い映画」でもないし「完成度の高さ」を感じる作品でもない。
    だけども決して出来が悪いという作品でもない。

    1986年の日本で、それこそ「ブレードランナー」的な世界観。他にも「マッドマックス」的であったり「ターミネーター」的でもあったり。「攻殻機動隊」などSF映画とノワール映画を掛け合わせた本作の「世界観」は志が高く構築されている。

    乾いた暴力描写はキタノ映画にも通じるし(当時、北野武はまだデビューしていないのも特筆すべき)、銭湯のシーンなり、時折グラグラと揺れまくるカメラワークなど、画面の異化効果もエモーショナルさを感じさせる。
    そこからも「監督」としての松田優作の野心や、芸術性はしっかりと感じ取れ「作家性」というのを強く押し出していて好感は持てる。

    それ故に。明確な欠点というのも、あまりに正直に露呈もしている。
    舞台となる「街」が架空っぽい雰囲気を出しながらも、すぐに新宿とわかる上、ラスト辺りのテレビのニュースからハッキリと「新宿」と言ってしまいSF的な世界観がやはり壊れてしまう。
    何より俳優の演技に対して、かなりの執着を感じるほど、じっくりと映し込んでいるのは良いのだけれど、逆に芝居臭さが前面に出ている上に、それが各シーンごとには緊張感を持っていても、映画という2時間弱の物語の「連続性」は損なっている。

    それなりに凝られた画面構成や、編集センスで「映画」としてのダイナミズムはある程度発揮できているが故に、俳優の演技はもっとクールな距離感を持って演出する方がより深みが出たように思う。

    何より丸山昇一、松田優作自身による脚本の破綻と、弱いディテールによる失速感が一番大きい。
    悪役であるポール牧との決着をつけないラストのカタルシスのなさ、その代わりに用意された石橋凌演じる山崎の結末。
    いまいち存在感のわからないヒロインの手塚理美や、「大オチ」と化している松田優作演じる「風」のキャラクターも含めて、設定が設定に終始してしまっていてカタルシスになっていない。

    とはいえ。俳優・松田優作とは別の部分としての「アーティスト」としての思考、作家性を発揮する上で、もっと撮り続けていけば、映画監督としても活躍できたというのは可能性として大いにあったと思う。

  • 3.3

    Momokokeshigomuさん2020/12/19 18:30

    ウーンそんなに好きじゃない、殺陣のシーンは派手だし、カッコいいんだが、ヒーロー像が古風過ぎるしテンポが良くなくて思った以上に長く感じる

  • 3.0

    SexyPonyoさん2020/12/06 23:35

    勝新監督作みたく、俳優監督がこだわりすぎたパターン。あんまりおもしろくはないけど、ところどころグッとくる。

  • 3.2

    TakuYamamotoさん2020/11/27 13:28

    20-133
    U-NEXT

    ラスト、どうしてこの展開にしたのかマジで判らないけど、松田優作のアイデアなんだろうか…ブレードランナーやりたかったのか。この頃って、もうブラックレインのオファー掛かってたのかなあ。

  • 3.5

    上海十月さん2020/10/04 15:26

    いつまで続く松田優作祭り。昔見た記憶あるが、ほとんど忘れている。確かに後半のターミネーター的な展開には、驚いたが、そのほかは、あまり驚きもなく、そして松田優作がもがいて、無表情なキャラにしたのだろうが今一つ響かない。テレビの「探偵物語」でデビューした小池要之助監督を本編初監督作にするという優作らしい華向けなのだが、意見が対立して降板。そして松田優作監督に。勝新太郎の「警視 K」「顔役」のようになってしまっているのは、偶然の一致か?台詞は、少なくなり、演技がしているとは思えない、聞き取れない。ポール牧師匠もあまり変な演技せずに素っ頓狂な感じに徹する。「ヨコハマBJブルース」の財津一郎のごとく。時間がたっているんだなぁと観ていて思いますね。ポール牧師匠は、その後いろいろあり自殺。手塚理美は、いろいろあって離婚、吉本所属になりバラエティに出ている。美少女だったなぁ。映画は、「ブレードランナー」のごとく新宿を切り取り、悪くない。でも、なんでまたターミネーターに???その?が続いて石橋凌のデビュー作だがあまり覚えてなかったのかも。

  • 3.0

    風神さん2020/10/03 07:43

    松田優作さんの遺作にして
    初監督作品。

    コミック原作らしいのですが
    そちらは未読です。

    オーソドックスなヤクザ映画ですが
    SF作品でもあります。
    ポール牧さんの演技が凄い!

    石橋凌さんはこの作品を機に
    音楽活動を辞めて役者業へ。
    ARB大好きでした。
    主題歌も大好きです!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す