お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

真・雀鬼17/魂を受け継ぐ者

G

瞬時にすべての牌を記憶する“ガン牌”の天才が雀鬼に牙をむく!“一流の麻雀”を賭けた闘いが始まる!!

雀鬼の一番弟子・松岡(中倉健太郎)が、街角で数人のチンピラに殴られている圭介(川本淳市)を助け出した。ふたりの間に友情が芽生え、圭介は松岡に教えてもらったテクニックと驚異的な記憶力を武器に雀荘で勝ち始める。一方その頃、桜井章一(清水健太郎)には、因縁のある百武組(松山鷹志)が勝負を仕掛けてきて…。

詳細情報

関連情報
原作:柳史一郎,神田たけ志 監修:桜井章一
音声言語
日本語
制作年
2003
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-11-19 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(ギャンブル)邦画ランキング

真・雀鬼17/魂を受け継ぐ者の評価・レビュー

3.1
観た人
10
観たい人
1
  • 3.2

    ガシソレさん2019/03/02 17:55

    桜井に詫びに来た男が大悟に麻雀を教わり、ガン牌の才能に目覚める話。
    ガン牌と言う全ての牌を記憶する能力があれば、誰にだって勝てそうなものだが、一流のプロ相手にはそれだけで勝つことは出来ない。

    今回も清水健太郎の迫力の演技は勿論、その他の役者も自然な演技で、邦画にありがちなわざとらしさはない。
    雀鬼こと桜井さんご本人の演技の下手さもご愛敬。

    作品の出来としては王道のストーリーも安心して楽しめるし、勝負中のカメラワークやツモや捨て牌時の効果音のクオリティも高く、麻雀の知識があればなおのこと楽しめる一本となっている。

    山崎方正や雨上がり蛍原などもチョイ役で出演しており、ニヤっとさせてくれたので+0.2点。

  • 4.0

    djangoさん2018/11/30 22:17

    過去作の敵、の弟子が組んで桜井章一と戦う話。
    次世代が上がっていくストーリーには、危うさと成長がある。
    戦いの間も壁を何度も超える。
    桜井章一の弟子、松岡の活躍も光る。
    爆発力は無いが、安定している。
    長門裕之が良いアクセントになっている。
    準レギュラーが増えてきて、その度に誰かが成長していく。
    山崎邦正と蛍原徹が少し出る。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す