お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トラック野郎 天下御免

G

文太&キンキンの名コンビによる人気シリーズ第4弾! 山陽・四国路を舞台に、恋のバトルを展開!!

四国八十八ヶ所巡りのとある御礼所で、巡礼姿の清楚な女性・我妻和歌子(由美かおる)と知り合った一番星の桃次郎(菅原文太)とジョナサン(愛川欽也)。たちまち彼女にのぼせあがった彼らは、和歌子の勤めるドライブインに入り浸るが、そんなある日、桃次郎は、幻の車と恐れられているトラックと勝負する羽目になる…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1976
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

トラック野郎 天下御免の評価・レビュー

3.6
観た人
418
観たい人
76
  • −−

    Mさん2021/05/05 06:48

    2021-162
    再鑑賞
     
    第4作
    マドンナ:由美かおる
    ライバル:杉浦直樹=コリーダ
     
    松原智恵子さんが美し過ぎる

  • 3.0

    伏見ヨシオさんさん2021/04/08 19:15

    桃次郎さんは四国で立ち寄った便所で出会った和歌子さんに一目惚れして恋文をしたためるが、奇抜ファッショニストのコリーダさんに抜け駆けされそうになったのでトラックビチビチ勝負を決める

    特撮シーンは一番星号傾きすぎ走行で大迫力!

  • −−

    BONさん2021/03/06 22:52

    マドンナが2人のように感じた4作目。人妻がドエライ美人だった。いつものように排泄の出会いから始まり、菅原文太演じる桃次郎のカッコよさが最後にビシッと決まった真冬にあたたまるストーリーだった。

  • 4.5

    deanstooooonさん2020/11/28 23:41

    今作も豪快に人情味が溢れてる。
    時代なのか、人情味の濃い人に出会うことがあまりなく、バイブルとしてこのシリーズを観ては、心に刺さる。

  • −−

    anzuakiraさん2020/11/28 04:01

    おっとりサヨコちゃんのために、お土産のみかんをズボンの中から出してあげるキンキン

    サヨコちゃんと松原智恵子さんの佇まい

    雪の中の車輪の跡

  • 3.6

    blacknessfallさん2020/11/15 16:24

    シリーズ4作目🚚🚚🚚🚚
    これは一回観てた。文太さんが亡くなった時、テレ東が追悼放映したのを。

    客の琴線のツボを意識的にあからさまに押し続ける演出は2作目と同じ、しかも4回目なんで冴えが増してるね。
    寄りソリッドに下ネタ(トイレ系ギャグ)、マドンナとの出会いと別れ、ライバルドライバーとの勝負、鉄板のネタを軸に周辺の人物達の泣き笑いを織り交ぜた人情喜劇ラブコメはその魅力ハマった者にはどこまでもファニーで味わい深い笑

    今回、特筆すべきは、愛川欽也演じるやめものジョナサン夫婦の話。
    10人の子沢山なのでフリーのトラック野郎の稼ぎでは生活は苦しい。
    そんな時にトラック野郎達のたまり場の食堂夫婦の鳳啓介と京唄子に三女を養女にほしいと懇願される。
    そんな大問題を悩みつつもジョナサンは今作のマンドナ由美かおるに軽く惚れてしまい独身だと偽り彼女の世話をする、ジョナサンはだからって積極的にアプローチするわけじゃない。
    それなら嘘なんかつくなと思うけど、何となく漠然と可能性を抱きたかったのかと思う笑
    このないなって思いつつも希望を持っときたいが故に何となくいいかっこするって自分もあったりするので、まあ、ジョナサンもそんな感じなんじゃないかと笑 あさましいと思いつつ共感した笑

    それで、由美かおるに現を抜かしてることが奥さんにバレて離婚の危機に。
    この時の修羅場がかなりおもしろかった。大勢の子供達に叱責され狼狽えまくる愛川欽也が情けなくもユーモラスだった。
    子供達の演技も素晴らしい。

    人情喜劇であるから、離婚も養女問題も1番いい形に着地する。
    でも、驚いたのは養女問題で子供が出来なかった鳳啓介・京唄子夫婦に子宝が!つまり京唄子が妊娠するんだけど、何歳って設定なんだろう?かなりの高齢妊婦に見えるんだけど、、実年齢なら当時50ぐらいのはずで、、笑

    それはともかく、この離婚の危機と養女問題のジョナサン家のドタバタがワンパターンになりがち、てか、意図的なワンパターンに変化を与えて、マンネリ感を薄める効果になってる笑

    この辺に、ただ漠然と受けたから型を踏襲してるわけじゃなく、娯楽映画として客の目線や思考を考えて作ってる真摯な意識を感じた。
    人気シリーズは型の踏襲と変化をつける加減が難しい。
    変わらなすぎると飽きられるし、変えすぎると見限られる。
    鈴木則文監督はこのさじ加減のセンサーの精度が抜群なんだと思う。

    それと由美かおる。由美かおると言えば水戸黄門のセクシー担当でお馴染みで入浴シーンは目玉になってた。けど、この映画は70年代でマンドナってのは自然だけど、水戸黄門ではおれの記憶だと90年代後半ぐらいまで不変のセクシー担当だったんだよね。当時何歳だったかと考えるとかなり異常というか偉業だよね笑
    シャロン・ストーンやデミ・ムーアみたいだよ。


  • 5.0

    ちくわさん2020/10/21 17:44

    松下家版の「そして父になる」だった。松下家の子供たちが点呼するとこの脚本が上手すぎてほろほろ泣ける…!トラック野郎は桃次郎の人情と下ネタだけでなく、ジョナサンの成長譚でもあるからいいんだよなと改めて。

    子供を乗せて崖の上をトラックで走ったり、ジョナサンの母ちゃんが養子に出すことになんのためらいもなかったりと、今の時代にやったら許さない演出もあるんだけど、それ以上にトラック野郎には学校では教えてくれない大切なものがある。桃次郎が何も言わずそっと去っていく様はいつだってかっこいい…

  • 3.5

    Yasuさん2020/06/06 20:48

    今回のジョナサン親子物語は少しほろっとしますなぁ。

    あのトラック対決は笑っちゃう。
    どんどん特撮度が高くなる。

  • 3.6

    mini7さん2020/05/24 15:17

    99-14
    シリーズ4作目

    由美かおるも松原智恵子もめちゃめちゃ美人や…

    倉敷のドライブインに川崎からしょっちゅうジョナサン一家が来るっていう、距離と時間の感覚バグってる感じ好き笑

  • 4.0

    てんやもん太郎さん2020/05/18 12:39

    とうとう特撮染みてきた笑
    煮詰まってヤケクソみたいな感じがいい。
    杉浦太陽のデコトラはなんなんだ笑

    整合性よりも、面白さ、派手さを選択する潔さ。
    まさにデコトラ!!
    あんなに無駄に明るくてどうするんだなんて考えちゃいけない。
    機能性ばかり考えて、世界中が無印良品みたいになってしまったらつまらない。いや、無印好きだけども。みんなそうなっちゃうとつまらない。。

    そして、松原智恵子の美しさ!!
    ヒロイン由美かおりより、圧倒的にに可愛くないか。
    眼差しの美しさ。

    今回のラストカッコ良すぎる。
    黙ってお金を置いて、礼は言わせないというね。
    そして、外に駆け出したら、そこには、トラックの轍が、、、

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す