お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

トラック野郎 一番星北へ帰る

G

涙もろくて喧嘩っ早く、おっちょこちょいの桃次郎が大暴走! 大ヒット娯楽シリーズ第8弾!!

青森からの輸送を終えた桃次郎(菅原文太)は、君江(春川ますみ)の計らいで見合いをすることに。しかし、見合いの相手と付き添いの未亡人を間違えた桃次郎は、この子連れ未亡人の静代(大谷直子)に一目惚れ。静代のいる東北通いが多くなった桃次郎だか、その道中、アメリカ帰りのコンボイ野郎(黒沢年男)と出くわすことに…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1978
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-04-24 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

トラック野郎 一番星北へ帰るの評価・レビュー

3.5
観た人
298
観たい人
104
  • 3.8

    mini7さん2020/05/26 22:59

    103-18
    シリーズ8作目
    星が出ない、謎の目パチパチ演出!笑

    しっとり目のテイストで一番星、BIG99、田中邦衛警官みんなかっこいい

    1度出たライバルが重要な警官役で出てくるのすごいな

    アンドン壊し、泥掛けも復活しててなんか良かった

  • 3.7

    KIMプラモスキーさん2020/04/30 01:20

    シリーズ8作目。
    これTVで観た記憶がありました。
    桃さん模型飛行機を作る!

    改めてシリーズを通して見ると、桃次郎の過去が語られ、ヒロインとの結末につながるのは珍しい展開だとわかる。

    前半の婦警ネタや、常磐ハワイアンセンターとか明るく下品な展開から、しんみりのドラマ、漢気の爆走と田中邦衛の苦悩。

    あと2本。
    ちょっとさみしくなってきました。

  • 4.1

    oVERSONさん2020/04/25 03:16

    桃次郎基準でいえば今回のマドンナはオーバーエイジ枠。久しぶりにカッコいいジョナサンが観れて満足。
    細かい変更がやや寂しい。あと、田中邦衛出てるからか爆走一番星と間違えてレビューしてる人多い。
    2020-220

  • 3.2

    yusukepacinoさん2020/04/22 06:27

    シリーズ8作目。エンディングどうしたんやろっていうのがまず。あと、またまた暗めのテイスト。菅原文太にとってはこっちの方がやりやすいのかも知れないな。松下家が再登場するも子役は総入れ替えであの小気味いい点呼もなし。何かジョナサンも落ち着いてしまった感じがする。あと2作、どうなることやら。

  • 3.9

    きしだギレンホールさん2020/03/22 18:46

    あの陽気さはどこへ…というテイストだが悪くない。沈んだ故郷のあるダムをクレーンで映し出すショットと桃次郎の語りでしんみり。正直なところ、シリアスな菅原文太の方が好きかもしれない。

  • 3.7

    konoesakutaさん2020/01/23 15:58

    8作目。今のところ私の中では最高傑作。渋い。胸に響く母性。桃次郎が今までで一番かっこいい。脚本がいい。

    菅原文太好きなら必見。

  • 3.4

    plaskiさん2020/01/15 19:26

    第8作。マドンナ大谷直子、ちょっとユーモラスでアメリカかぶれなライバルトラッカー黒沢年男。前作に続き三番星玉三郎をせんだみつお。レギュラー昇格か?
    今回マドンナはシングルマザーとして生きる決意する。恋に関してはライバル黒沢年男と引き分け。

    今回一番痺れたのは田中邦衛だ。第2作ではフランスギャング気取りのトラッカーだったが今回は警官。コイツがクライマックスで桃さんと大激闘を演じる。桃さんが運ぶ荷は実はコイツの女房の命を救うための医療機器。追跡中にその事実を知るのだが、それでも職務優先、桃さんを追う。しかし当然無事にを届けられるのはお約束。女房の命は助かる。そこに警官田中邦衛が満身創痍でたどり着く。桃さんに手錠をかけ、鬼の形相で一言「ありがとう」。今回は田中邦衛に泣かされた。

  • 3.5

    ピロピロさん2020/01/07 10:23

    青森で夫を亡くした子持ちの女性とアメリカ帰りのコンボイ野郎と血液輸送のお話
    8作目

    「わしら庶民金融はな、ひょいと手あげたらじきに乗れるタクシーやがな、そりゃ料金嵩みまっせ」

  • −−

    TakahashiKieさん2019/12/07 21:49

    もうジョナサンと桃太郎がくっついちまえばいいよ…こんな友情最高じゃん
    モナリザトラックに貼り付けて走る京子さんもさいこうばい。

  • 4.2

    DarksideJpnさん2019/10/28 22:27

    本シリーズも「仁義なき戦い」シリーズも、ドの付く名作、定番シリーズで基本だからレビューを敢えてしてなかったけど、いずれも年に何回か無性に見たくなってしまい何度も見てしまう。
    本作は同シリーズの中でもちょっと異色作ではあるが、田中邦衛の役が物凄くいいから本作からまたシリーズ一周しようと思う。
    ちなみにシリーズ第2作の爆走一番星での田中邦衛も最高なんで未見の方にはあわせて鑑賞をオススメする。
    話を本作に戻すが、田中邦衛の二代目鬼台貫と呼ばれるキャラが本当にいい。この良さはラストまで見ないと分からないんだけどね。
    本シリーズは下衆かつ下世話なんだけど侠気もあり、笑いあり涙ありで、今やすっかり使い古されて薄っぺらくなってしまったエンターテインメントって言葉を地で行くが、この時代にあった義理人情や浪花節はすっかり我が国では忘れ去られてしまってるなーと。
    でも、そういう要素は韓国映画がしっかり引き継いでくれてるなーとつくづくそう思ったりもする。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す