お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

なにはなくとも全員集合!!

G

ザ・ドリフターズ初映画主演作品!

初夏の草津温泉を舞台に、おんぼろローカル線の新駅長と新興のバス会社所長が対立。 駅員と、バス会社社員たちが、温泉客争奪戦で大騒動を繰り広げる。 イガミ合いのみならず、あげくの果てには、恋の失踪事件、殺人事件まで巻き起こるハチャメチャ感が楽しい! 当時、人気絶頂のドリフターズに、ベテラン喜劇人の三木のり平を加えたドリフ映画第一作作品。高木ブーは、地元ホテルの若旦那役で出演。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

なにはなくとも全員集合!! の評価・レビュー

3
観た人
151
観たい人
23
  • 3.3

    ykykさん2021/11/21 12:06

    人質のいるなか、いか長さんの「全員集合〜!」の合図でエンジン組んじゃうの可愛い。ちゃんとチャップリンなところはあった気がする。

  • 3.3

    NaomichiTamiyaさん2021/10/04 00:51

    ドリフの映画作品一作目

    草津を舞台にして繰り広げられる鉄道と路線バス会社との対立をコメディタッチで描いた作品。ドリフが主役なのは間違いないないものの、ドリフと同等か微妙に前に出てくる脇役が多く、ドリフ作品であるものの、ドリフメンバーが全員参加していると言う意味での作品と言うところ

    ヒロインが中尾ミエで、かわいいのかたくましいのか微妙なところ。

    昭和の時代背景を感じられる作品


    ◼️箇条書き感想(ネタバレあり)
    ・パワーみなぎるいかりや
    ・加藤のキレキレのトーク
    ・眼鏡を外すとモブと見分けがつかない中本
    ・荒井注とブーさんが極めてモブ
    ・取り巻きが沢山いて紛らわしい

  • 2.4

    Shunsukeさん2021/09/06 23:57

    ザ・ドリフターズ映画第一作
    中尾ミエが娘でヒロイン!
    思ったより可愛いぞ。
    その恋人役に志ん朝!

    みんな若い。
    この時代の映画は、走ってる車や町並みを楽しく観られるんだけど、草津温泉が舞台ということで草津温泉の当時の様子を見られてよかった。
    実質、三木のり平が主人公。

  • −−

    ドントさん2021/08/11 23:23

     1967年。ドリフターズの初主演映画、のように見えるが実はそうでもない。湯どころ草津を舞台に乗客数を競い合うケンカへと発展しそうな鉄道駅と新興のバス会社の対立、いかりやが代表をやっているバス会社がさあ近日開業、というある日、駅に新しい駅長が赴任してくる。
     当時志村けんはまだ不在、それは仕方ないにしてもドリフターズを起用しつつ展開するのは三木のり平のご家族と、そこの娘に惚れたバスの運転手(志ん朝!!)というベタな人情話である。落語みたい。ハネてないのだ。爆弾に見立てて駅に放置した弁当箱の中身である目覚まし時計を「中に時計は入っているがこれは弁当である」といかりやが強弁、駅側の奴らに「じゃあお前それ喰ってみろ」と言われ悶絶号泣しながらいかりやがこれを分解して食べるという場面が多少狂っているだけで……えっ? 十分おかしいって? まあそれはそれとして。
     ドリフの一本目にして、こいつらどうやったら面白い感じになるの? とスタッフ側も悩んでいるというかよくわかってないというか、とにかくおとなしい。加藤茶の喜劇人としての異様な器用さは光っているもののそれくらいである。他には三木のり平のうまさとか、最後のドタバタとか、面白い部位はあるにしてもドリフ絡みではない。せっかくやる気ゼロの荒井注や身体能力の高い仲本がいるってのに特に何もさせないってんだから宝の何とやらだ。ここまで書いてきて高木ブーの扱いがぞんざいだったことに気づきちょっと面白くなってしまった。50年前から高木ブーは正しく使われている。総じて書けば穏当な喜劇とでもなろうか。しかしこのシリーズ、長いのである。これからどうなるかしらん。

  • 3.6

    Mさん2021/07/09 23:44

    ドリフターズ出演映画第1作目。主演が三木のり平だったり、荒井注がほとんど喋って無かったり、マドンナ役の中尾ミエがあんまりマドンナっぽくなかったり、
    そもそもドリフターズがチームとして行動してなかったりで思っていたのとは違った作品だったが楽しめた。

    喜劇人としての加藤茶のポテンシャルの高さは、かなり感じられる。

  • 3.2

    ありがとうさん2021/06/07 00:33

    豪華なメンバーだけど、映画としては正直「うーん」。期待値が高すぎたんだろうか。つまらないって程でもないんだけど、面白いかと聞かれるとビミョーなところ。とにかく全体的に何かビミョー。悪くはないけど、それほどには良くもない。スターのやっつけ仕事感が何だかなー。何か雑なんだよなー。

  • 3.5

    kojikojiさん2021/05/21 23:36

    ドリフ映画記念すべき第1作目。主演は実質三木のり平かな。なかなか面白い。ドリフみんな若い。ラストのカトちゃんの女装が結構きれい。ただなんか改めて人間って歳とるんだなって。

    バス会社対鉄道会社って構造が結構ハマったし、そうか草津って昔は鉄道が走ってたんだって、調べてわかった。

    アマプラにドリフターズの映画いっぱいアップされてるから、順番にみようかな。

  • 3.4

    mitakosamaさん2021/04/13 15:17

    アマプラにて。松竹ドリフ映画シリーズの第1弾。
    とは言え、今作の実質的な主役はゲストの三木のり平!
    だが、それがドリフメンバーを分散させ対立構造を作った事で物語が跳ねた気がする。

    舞台は草津。50年前の草津の風景がスゴい。
    その中で国鉄と西部バスとの争いが描かれる。これってタイアップになるのかな(笑)駅のトイレの汚さとかをめっちゃ揶揄してるぜ。

    国鉄草津駅に新しく就任された駅長・白坂に三木。駅員が加藤や仲本。
    西部バス側にいかりや・荒井ら。この二組織が対立するが、別に電車とバスって観光業でいがみ合う必要って無いんじゃね?(笑)

    駅長の娘に中尾ミエで、劇中のマドンナ役。カトちゃん含めみんなゾッコン。そんな彼女を射止める役がバス運転手の古今亭志ん朝。中尾ミエと志ん朝って…スゴいカップリングだな。

    西部バス側は二人の駆け落ちを後押しするが、飲み屋のママを頼って来たギャングに二人の乗った車がカージャックされる。中尾ミエが人質に取られ、志ん朝は真っ先に逃げちゃう。ダメじゃん。
    そして駅員とバス員が“全員集合”し、協力しながら人質奪還へ。

    メデタシメデタシだが、胡散臭い地元の有力者やドラ息子などの問題はどうした???解決されていないぞ!

    カトちゃんが誤って駅長に真っ赤なパンツをプレゼントしちゃうとか、色々ギャグも散りばめられているが、個人的には喧嘩になったシーンでの荒井注の不穏なキャラクターの可笑しみが堪らない。

  • 3.7

    アさん2021/04/05 01:54

    凄くよかった。前々から駆け落ちには憧れていたけど、やっぱりみんなに祝福されて結婚する方が幸せいっぱいだろうな〜と思った。でも駆け落ち直前の夏の雰囲気、良かったなぁ
    ストーリーも痛快でサイコー。加藤茶がやっぱり可愛い。ドリフの映画観たのはこれが初めてだったんだけど、最後駅長が「全員集合!」って言ったとこ良かったなぁぁ!そこに繋がるのか!と思った。他のドリフ映画もこんな感じなのかな?
    中尾ミエと中村晃子もすごい可愛い。チャキチャキしたあの感じ憧れるなぁ。

  • 3.0

    マツモトタクシーさん2021/02/24 04:53

    TSUTAYA TVに全作見放題で上がっていた📺😁

    ザ・ドリフターズの1作目
    生まれた年に上映された作品👀‼️


    初夏の群馬草津温泉
    赤字続きのローカル線へ新たな駅長白坂(三木のり平)が一家を連れて赴任してきた
    お客様の獲得を巡って新興のバス会社とはいがみ合っている。。



    草津駅前の電鉄会社🚃と新興のバス会社🚌との軋轢を描くドタバタコメディ
    駅長の娘、悦子(中尾ミエ)とバスの運転手新川(古今亭志ん朝)との恋模様も💕


    50年前だから草津も牧歌的
    アスファルトも有ったり無かったり。。

    電鉄会社側が加藤茶、仲本工事
    バス側がいかりや長介、荒井注
    旅館の若旦那が高木ブー

    ドリフはまだ荒井注さんの時代
    なんだバカヤロウ!😁
    加藤ちゃんの若い頃は菅田将暉さんと似ている気がする😅
    高木ブーさんにもセリフが有って新鮮😆
    子供の頃は分からなかったけど今観ると中村晃子さんの愛人感が色っぽいなぁ💕

    昭和のパワハラ感とセクハラ感が満載😆😆😆
    今とは建物や行動、言動、ギャグと色々な部分が随分と変わっているんだなぁと思う😅
    TVは有るけど携帯やゲーム、エアコンもまだないなぁ。。

    ギャグとか笑いは時代を感じるけど時間がゆっくり流れてそうでのんびりした気分になれた☺️

    江戸むらさきも登場!😁
    関西だったのでCMの三木のり平さん
    高校生位までずーと大村崑さんだと思っていた😅笑

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る