お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

正義だ!味方だ!全員集合!!

G

怪人二十面相!?怪傑ゾロ!?この黒マントはダテじゃないぜ!ドリフ、悪との華麗なる対決!

港・横浜伊勢浜町。レジャービル建設を巡り、立ち退きを迫る暴力団大神組と住民との間で対立が起きているこの町に、 小さな広告店を経営していたが不況で倒産した錨長太郎(いかりや長介)が、流れ流れてやってきた。 彼は部下の中西弘次(仲本工事)と暴力団から立ち退きを迫られていた高井印刷の社長・高井風太(高木ブー)を助ける。 町の対立を知った錨は、町内会会長でクラブ“蝶々”を経営しているミヤコ(ミヤコ蝶々)に、町内新聞を発行し、暴力団の不当な仕打ちを暴いて正義を大衆に訴えようと提案する。 提案するまでは良かったが、勢いでそのまま編集長にさせられた錨は、何のアイデアも浮かばず困り果てていた。 そんな時、田舎から警官を目指し上京するも試験に落ち、自殺未遂をしたヒデオという青年を助ける。 ヒデオは半分朦朧とした状態でゴリラのキャラクターが活躍する「ゴリレンジャー」を描くと、それを見た錨は一目で気に入る。 ヒデオの協力の元「ゴリレンジャー」を載せた新聞は大評判となったが、この「ゴリレンジャー」は、熊田めぐみ(榊原るみ)が警官の志田(志村けん)らと協力して運営する人形劇団で 子供向けに上演している劇のストーリーだった。めぐみは、大神組組長・大神(伊東四朗)と不動産屋を営んでいる熊田卓造(金子信雄)の娘で、父に反発し、人形劇を使って暴力団追放を訴えていたのだ。第2作をせがまれるヒデオだったが、なかなかいいアイデアが浮かばない。しかし、めぐみが協力し、ストーリーをめぐみが、絵をヒデオが担当することで、新しい作品を作成していく。ある日、大評判となった「ゴリレンジャー」に週刊誌が目を付け、雑誌に掲載したいと話を持ちかける。1千万の金に目がくらんだ錨は、「ゴリレンジャー」を売り飛ばそうとする。 一方、娘・めぐみの思いに心うごかされた熊田は、町内会に土地の権利を返すと申し出る。しかし、それを知った大神は、めぐみを誘拐し最後の抵抗を試みる。 めぐみが誘拐されたと知った錨たちは、「ゴリレンジャー」さながらめぐみの救出に向かう。。。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

正義だ!味方だ!全員集合!! の評価・レビュー

3.3
観た人
103
観たい人
39
  • 2.5

    mikoyan358さん2021/10/05 20:25

    特集を録画して観てきたザ・ドリフターズの映画もこのシリーズで最後。キャンディーズを筆頭に相変わらず「この人をこんな使い方していいの?」という(時代が古くても)知っている人だらけのキャスティングだったり、今回は戦隊もの(長さん=ゴリラという図式を正面切って入れたのは評価するw)を取り入れたりした最新流行への嗅覚はさすがなのだが、とりあえず映画と呼ぶにはちょっと厳しいコント的な寸劇の数々でいまいち楽しめなかったな... まあ今となってはもう見られない長さんとか変なおじさん(笑)とかを見て懐かしむのが正しい鑑賞法かな。

  • 3.4

    Mさん2021/07/29 23:27

    ドリフターズ主演映画作品。最後までメインはいかりや&加藤のまま、2人のキャラクター設定もそのままでこれは一貫して変わらなかった。

    ラストのキートン風のドタバタ劇は本家に比べるとスケールが小さく見えてしまったのが残念。

  • −−

    すいそ水さん2021/07/02 00:12

    ドリフラスト映画。
    お芝居やコントが増えて、歌パートが減っていく印象。
    人形劇やチンドン屋が良かった。

  • 3.0

    mitakosamaさん2021/04/29 16:23

    松竹ドリフ映画最終作。極楽はどこだ?・カモだ御用だ、で路線変更したが元のシリーズに原点回帰を目論んだようだ。
    カモだ〜は割と良かったが、やはり支持が得られなかったのかもね。タイトルも全員集合を復活させた。

    自称広告屋の長さんと仲本。商店街への地上げトラブルに割って入り、書面でヤクザの悪事を訴える手段へ。
    そこに人形劇団の青年(加藤茶)が自殺未遂し救出。人形劇の内容「ゴリレンジャー」を漫画にし描き、出版したら悪漢へのアピールとなり社会に支持される。

    社会正義と金儲けの間に揺れる内容はドリフらしからず、しっかりしてる。
    カト茶が気絶しながら漫画を描く時はギャグキャラだが普段はとても真面目だ。

    その漫画は石ノ森プロだ。ゴリレンジャーも勿論ゴレンジャーのパロディだ。東映の作品を松竹が堂々とパロるんだな…。

    やはりバカに振り切る事が成らずに、本来の全員集合シリーズの完全復活はならなかったようだ。
    とはいえラストの早回しのドタバタ劇は有終の美を飾るドリフらしいコントであった。このノリが最初から欲しかったが。

    松竹ドリフ16作を見たが、東宝の前進前進シリーズに比べて見やすかったのも事実。シリーズ末期にグダるのは致し方無い。楽しいシリーズでした。

  • 3.0

    ゆうりさん2021/03/14 09:23

    2021年75作目
    最後のコント要素はちょっと長いしつまらない🥲ここまでドリフ映画4作品観たけど、最終的なおすすめは極楽はどこだかな??一番ストーリーとしてまとまってた。

  • 2.9

    ザンさん2021/03/12 18:43

    それにしても当時のドリフは劇場版を乱発し過ぎている。ラストのチャップリン作品のような工場屋根上でのドタバタシーンはさすがに長い。

  • 3.0

    ワンさん2020/12/22 11:10

    横浜に近い港町 伊勢浜にインチキなチンドン屋の錨長太郎(いかりや長介)と中西弘次(仲本工事)が流れ着く。町では暴力団が大手を振るい、商店街の店主たちは頭を悩ませていた。ジャーナリストを装った長太郎は町内会会長ミヤコ(ミヤコ蝶々)に近付き、町内新聞を発行し暴力団追放キャンペーンを張ることを提案。折しも彼らの前に現われた気弱な青年ヒデオ(加藤茶)を騙し、暴力団を悪役としたヒーロー物の劇画"ゴリレンジャー"を描かせるが…


    【松竹ドリフ第16作目(最終作)】写実的な漫画が劇画と呼ばれていた時代。ゴリラがモチーフのゴリレンジャーなのにいかりやがそれほどフューチャーされていない。加トちゃんも生真面目な青年役なのでギャグをあまり披露しないのは淋しい。

    昔の邦画はシリーズ物がやたらと多い。それにしても16本は多い。やっと終わってホッとしている。

  • 2.8

    地震はイヤさん2020/12/13 17:21

    今回もドラマ色が強い作品。ヒーローになってヤクザをやっつけるみたいな話。

    とりたてて面白くもないが、全員集合シリーズはこれで終わりか?と思うと…
    お疲れ様でした。ありがとうございました。という気持ちに。

    ラストのコミカルな早送りシーン、ぼんやり観てたけどお疲れ様でした。
    今では亡くなられた方も多い。伊東四朗さんと言えば小松の親分さんを思い出すけど、小松さんも亡くなられたし。
    今後も時々は昔の邦画を観たいね。

  • 2.5

    西村大樹さん2020/12/08 13:41

    瀬川監督の人情喜劇路線は、嫌いではない。『8時だよ全員集合』と変わらぬコント路線に行っていたシリーズを、新しい方向へと促した功績もある。
    が、評価が伸びないのは、いまひとつ物語が作り込めていないのと、ラスト近くに雰囲気を壊すドタバタを入れてしまうから。
    シリーズ最終作だが、もう少し落ち着いた喜劇映画を見たかった。

  • 3.0

    あiiすさん2020/11/03 16:02

    松竹ドリフ映画最後の作品
    ゴリレンジャー
    志村けんが入りたて、ブレイク前の頃
    (翌年に「東村山音頭」でブレイク)
    大好きなキャンディーズが歌ゲストとして出演していて嬉しかった♪「ハートのエースが出てこない」
    ドリフ以外のキャストも豪華!
    いやードリフの笑いは素敵だな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る