お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第1作】釣りバカ日誌

G

平成元年のお正月映画として公開された記念すべき第一作。

四国・高松で暮らす釣りバカの浜崎伝助は、ある日突然、東京本社への転勤辞令を受けた。しぶしぶ辞令に応じて、北品川の釣り宿の2階に間借りする伝助。課長に小言を言われようとどこ吹く風、反省のない本社勤務を続ける。社長の鈴木と出会ったのは、そんな日の地下の食堂街。仕事に情熱のない伝助は社長の顔を知る筈もない。その日から“浜ちゃん”、“スーさん”と呼び合う奇妙な間柄になっていく2人だった…。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
作:やまさき十三 画:北見けんいち(小学館「ビックコミックオリジナル」)
音声言語
日本語
制作年
1988
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-12-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第1作】釣りバカ日誌の評価・レビュー

3.6
観た人
1952
観たい人
199
  • 3.0

    なーさん2021/05/02 14:36

    あまりにも古い作品だし、と触れていなかったがサブスクであったのでなんとなく。見てみると、古臭さや時代は感じるものの気楽で見やすく、ストーリーもわかりやすいため中々に面白かった。

  • 4.0

    ゴン吉さん2021/05/02 02:58

    釣りが大好きな浜ちゃんを描いたコメディーヒューマンドラマ「釣りバカ日誌」シリーズの1作目。

    鈴木建設の営業マンの浜ちゃんは、会社の手違いで高松から東京本社に栄転となる。
    大の釣り好きの浜ちゃんは、東京では釣りが出来なくなるのはと落ち込むが、東京湾もそれなりに釣りを楽しめることがわかり釣り三昧の生活をおくる。
    そんなある日、昼休みに会社近くの食堂で高齢の紳士と知り合う。
    彼を釣りに誘うのだが…… 

    業績C、勤務態度C、向上性 C、協調性A、統率力Cの会社査定の浜ちゃんの人間味あふれるサラリーマン生活が楽しめます。
    仕事よりも趣味の釣りが大好きですが、時折大きな顧客を釣るのも浜ちゃんならではキャラのなせる業。
    これほど趣味に割り切れるサラリーマン生活に憧れます。
    そして素敵な奥さん。
    浜ちゃんは、自分が幸せにになることが一番です。
    「僕はあなたを幸せにする自信はありません しかし僕が幸せになる自信は絶対ある!」 

    BS TVで鑑賞  
    第13回 日本アカデミー賞にて主演男優賞を受賞(1990年)

  • 3.9

    のすけさん2021/04/27 03:11

    なつかしい…昔観たな~。
    合体あったなー。。
    抜群の娯楽作品に仕上がっている。
    観ていて、物語がもっと続いてほしいと感じてしまう数少ない作品だと思う(実際めちゃめちゃ続くのだが。。。)
    これ1本でも十分楽しめるが、長編ドラマ的でもある二面性を持った凄い作品。
    西田敏行も三國連太郎も石田えりもいい演技してる!

  • 3.4

    maroさん2021/04/25 10:54

    寅さんの次は釣りバカということで。
    今年の土曜日は釣りバカの日になりそう。録画はすぐに貯まっていくから早めにみていかないと。
    西田敏行と三國連太郎の掛け合いを楽しむ作品。合体あったな~。
    ミチコさん役は石田えりがあってる。

  • 3.5

    おささん2021/04/24 21:10

    何度も見た気がするけど、何度見ても楽しい。いいな。浜ちゃんみたくなりたいなー。あんな風に過ごせたらどんだけ楽しいか。釣りをしよう。

  • 3.7

    カカオさん2021/04/23 12:38

    久々観ました。2021年度の土曜日は「釣りバカ日誌」。

    記念すべき第1作は、ハマちゃんとスーさんの出会い。なんと言っても、同じ会社の社長と平社員の関係と気付かず、釣りの師匠と弟子の関係になるところが面白い。
    またスーさんのビギナーズラックに対して、凹むハマちゃんが面白い。

    難しいこと考えずに、楽しめる娯楽作品。
    長期シリーズとなるためのツカミは抜群だ。

  • 3.8

    mskirさん2021/04/22 23:46

    西田敏行は30年経とうとも西田敏行のままであり、昭和から何も変わらない。喋り方、笑い方、スカし方まで、、とんでもないことだ。
    その抜群の安定感の虜になったのはやっぱり釣りバカからで、その第1作目は何度観ても感慨深い。
    スーさんの間の抜け方も天下一品。この時の役柄がその後も大事に守られおり、三国連太郎の力強さと哀愁がコメディに転換されてとても美味。
    昭和から始まる物語はその時折の東京と経済を映し出していて面白い。オフィスのデスクでタバコを吸えてた時代はいつまでだったのか、新幹線と言ったらひかり、古き良きを楽しむも良し、時代の移ろいを20作かけて楽しむも良し、楽しみ方が多様化できる屈指の娯楽作品。
    ボートで出勤は憧れる。
    石田えり最高。
    熱烈合体。

  • 3.0

    METALOVEさん2021/04/20 19:54

    BSでやってたので何となく観たら面白かった❗️
    所々見覚えがあるからテレビとかでやってるのを昔も観たんだろうけどこんな面白かったかな。

    西田敏行演じる浜ちゃんの軽快なお話が面白いし、ミチコさん役の石田えりがメチャ綺麗❗️

    次の土曜に今度は2がやるらしいから観ようと思わされた

  • 3.8

    maさん2021/04/20 01:24

    恋人と鑑賞(恋人は釣りバカを初めて観る)。

    ご年配の方というとやっぱり頭が固い、新しいことを避けがちという勝手なイメージがあるけれど、スーさんのやってみようという姿勢、歳が下の者に対して敬意を感じさせる柔らかい物腰、ほんとうに素晴らしいな〜と思う。

    そして石田えりが抜群にかわいい。中条あやみに似てる。
    浜ちゃんの「僕はあなたを幸せにする自信はありません。でも僕が幸せになる自信はあります」っていうプロポーズ、とっても素敵。

    個人的に、浜ちゃんがスーさんと知り合ったばかりのとき、珈琲を買って差し出しながら「あのさあ!!」って話しかけるあたりが妙にツボで好き。

  • 3.3

    鵜さん2021/04/19 12:39

    濱田岳の新シリーズが定着化してきた中
    、久しぶりの西田ハマちゃんはとても新鮮に映った
    三國連太郎さんも若々しく味のある演技が光ってたし、名古屋彰さんもとても懐かしかった
    ラストはこうやった?と疑問は生じたけど、きっと忘れてるのでしょう。多分2も観ると思います

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す