お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第22作】釣りバカ日誌20 ファイナル

G

国民的人気シリーズ、ついに完結!!

リストラに倒産、不況の波は一流ゼネコン・鈴木建設にも押し寄せていた。近年の業績悪化の中で、会長である一之助は、業績が回復するまで無期限で、給料を全額返還すると申し出て、堀田社長や秋山専務ら役員たちを驚かせる。その噂は社内外に広まり大騒ぎになり、常にマイペースの伝助も、みち子にはっぱをかけられ、一之助のために一肌脱ごうと奮起し、得意の釣り人脈から、思いがけない大型受注に見事成功する。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
作:やまさき十三 画:北見けんいち(小学館「ビックコミックオリジナル」)
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-12-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第22作】釣りバカ日誌20 ファイナルの評価・レビュー

3.5
観た人
753
観たい人
89
  • 2.6

    カカオさん2022/01/04 09:35

    土曜は釣りバカ 第20弾
    (19を見るまで留保していた)
    釣りバカリレー、ようやく完遂。

    ファイナルとなる本作品。
    最後のカーテンコールは感慨深い。






















    正直、本作品のストーリーは今ひとつ。
    三途の川のクダリも、パッとしない。


    とは言え、


    それにしても「釣りバカ日誌」は長年に亘り、よく続いたと思う。

    「男はつらいよ」の後継作品として、日本の地域活性化に貢献したシリーズ作品だと思う。





    個人的には「1」〜「4」、「6」が面白かったピークだった。

  • 4.7

    hoteltokyoさん2021/11/24 19:16

    西田敏行演じる出世よりも釣りを優先するサラリーマン浜ちゃんと、三國連太郎演じるその企業の取締役代表鈴木社長ことスーさんによるドタバタコメディ。世の中の不景気が鈴木建設にも押し寄せる。業績悪化で責任を取ろうとするスーさんは箸休めに浜ちゃんと北海道へ行くも、体調が悪化してとこに伏せてしまう。泣くも笑うも釣りバカ日誌のファイナル・・的な物語。

    押し寄せる鈴木建設のピンチを営業三課の浜ちゃんが救う。なんと相手先の重要人物と釣りの話をして、一緒にスポーツジムで汗を掻き銭湯に入る。そして受注した金額なんと200億円以上。これぞ営業の鏡。そのため、スーさんから社内で「会長賞」をもらった浜ちゃんはスーさんと一緒に小料理屋へ行くと、女将さんの娘、吹石一恵演じる裕美と出会う。裕美は親の許可を取らず誠実な彼と同棲を初めてしまいわだかまりを残していた。でも大丈夫、百戦錬磨のスーさんと浜ちゃんがいればなんのその。

    それにしても、いつの時代もその時起きた出来事や背景を象徴してきた釣りバカ日誌。1から観始めて世界的な物価上昇に伴う日本企業の苦しみなどがこのファイナルでも垣間見える。だがこのファイナルが上映されたのは2009年。あれから10年以上経っているわけだが、今だにもがきつづけている日本を見るとこれからも大変な情勢になっていくのだろう。釣りバカを観ると、世の中に嘆く暇があれば釣りへ行き、時に気楽に時に楽しく生きたほうが、得なのだと気付かされる。

    なにか人生の指針で迷った際はまた必ず見返そうと思う。それだけ言葉にはできない素晴らしさが詰まったシリーズだった。

  • 3.6

    丸木さん2021/11/18 20:08

    釣りバカは永久に不滅です

    ファイナルというだけあって綺麗に終わらせてくれました。舞台のように、鈴木社長の演説からシームレスに登場人物たちがお辞儀に入るところが清々しかった。

    黄泉の国に行ってからが自由すぎる。

  • 3.6

    junistoosexyさん2021/11/14 18:08

    なんだかんだ感慨深いラスト。
    スーさんは尊敬できる経営者だなあ。
    なんで社員はみんなダメな人ばっかりなんだか。
    エンドロールのスーさんの笑顔が印象的。

  • 3.0

    あいさん2021/10/12 03:59

    親が好きでよく観てて、
    いま大人になって
    真剣に釣りバカシリーズ見始めたけど
    どれもほんとにおもしろい( ; ; )
    エンドロールが最高だったぁぁ

  • 4.0

    ゴン吉さん2021/09/25 00:23

    西田敏行主演の「釣りバカ日誌」シリーズの第22作目にして最終話。

    ハマちゃん(西田敏行)は釣り仲間のスーさん(三國連太郎)が会長を務める鈴木建設の平社員。
    不況の時代により鈴木建設も業績不振で、会長のスーさんは報酬を全額返還すると宣言。
    そんな折、ハマちゃんは釣りが縁で2億円の大口の仕事をゲットする。
    会長賞と特別休暇を貰い、スーさんの知り合いの料理屋で食事をして、女将の娘が獣医をしている北海道を二人で旅することに。
    ハマちゃんは北海道の伝説の淡水魚イトウを狙うが…… 

    不景気や遺産相続などの当時の社会問題を織り込みながらも楽しくストーリーが展開します。
    賽の河原の歌などクスッと笑えます。
    スーさんの専属運転手はタクシー運転手に転職し、不況の中でも資格を取得して前向きに生きる高齢者を好演しています。
    ラストのスーさんの演説からエンドクレジットの舞台挨拶は名シーンです。
    「鈴木建設は永久に不滅です!」 

    主なゲストは、松坂慶子と吹石一恵。 
    本作の釣りは、カヌー釣りや三途の川釣り、渓流のオショロコマ、川釣りでの幻のイトウ。  

    BSテレ東で鑑賞

  • 3.3

    MiYAさん2021/09/22 22:51

    シリーズ最終作といっても、回想シーンとか、感動のラストシーンみたいなものは期待すべくもなく、若いカップルを取り持ったりという平常運転でしたね。

    ただ、洒落たカーテンコールは良かったですね(谷啓さんは体調悪そうだったけど…)。ついに釣りバカ全作を見届けたという達成感はものすごいです。

    とりあえず備忘録的にシリーズで印象に残った作品を紹介。

    釣りバカ日誌6(石田えり演じるみちこさんの「優しさは信実に勝る」という名言が飛び出す)

    釣りバカ日誌9(不器用な小林稔侍の恋が良かった)

    釣りバカ日誌10(スーさんが再就職で鈴木建設に派遣されるドタバタが面白い)

    釣りバカ日誌19(佐藤浩市の結婚式スピーチはシリーズ屈指の爆笑エピソード)

    BSテレ東にて。

  • 3.0

    KosukeShiraishiさん2021/09/08 22:25

    人気シリーズのファイル。ストーリーは釣り仲間のコネだけで仕事取る、ボーナス休暇、スーさんついていく、といったいつもの世間のサラリーマンをナメたパターン。三途の川のクダリが長過ぎで余計。ともあれ全20作、それなりに笑わしてもらいました!

  • 3.8

    悪杭さん2021/09/07 12:21

    2021年 鑑賞 21-251-13
    BSテレ東 土曜だ!釣りバカ! にて
    TVアニメ化、TVドラマ化もされた、やまさき十三先生(作)、北見けんいち先生(画)による、長寿名作釣り漫画を原作に、「男はつらいよ」「学校」「息子」「虹をつかむ男」等の山田洋二氏が脚本に入った、名シリーズの第22弾で、完結作品。監督は7作連続登板の朝原雄三さん。

    ー 納竿 釣りバカ日誌は永久に不滅です ー
    相次ぐリストラ・倒産といった先行き不透明な景気低迷の社会情勢。その不況の波は鈴木建設にも押し寄せようとしていた。その鈴木建設を一代で育て上げた会長のスーさんこと鈴木一之助(三國連太郎さん)は、自社の業績が回復するまでの間、自らの報酬を無期限で全額返還すると宣言し、重役たちを驚愕させる。その噂は社内外に広まり、やがて普段は仕事に対して執着心がないハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行さん)の耳にも入り、これにはさすがのハマちゃんも絶句してしまう。そこで妻のみち子(浅田美代子さん)や隣人の八郎(中本賢さん)の後押しもあり、ハマちゃんもスーさんのためにひと肌脱ごうと、釣り仲間の人脈を活かして、鈴木建設過去最大とも言える大型受注に成功し...

    やっと「釣りバカシリーズ」の完結! かんけ... つ?あれっ?19は?今冬放送予定?why〜?何が原因だ?ハマちゃん?スーさん?みち子さん?いやいや、メインキャストだったら20の放送もないでしょ!ってことは... ゲスト?hmhm... 竹内さん?北村さん?北山さん?三國さん&佐藤さんとの親子共演かな?...
    と、三文芝居はさておき、私メインゲストのあの人かと思った。祝儀inの人気理由で、操船拒馬時価な現状で、礼は新鮮グミの投手であるあの人の戦況の可能性があるので、そこと被る事を避けたという事でしょう(読みにくい方、申し訳ないです。敢えて文字替えしてます)。解散はなくなったので、おそらくセーフかとは思うが、冬が確定的に安定なので、そのテレ東様の判断、ナイスですね!

    話は本題へ) “こういう不景気な時だからこそ 笑って明るく働かなきゃ! 口角上げて笑ってごらん”
    “ねぇ舟木課長 あなた営業三課のリーダーなんだから あなたがそういう暗い顔をしてちゃ 良くなろうとする景気もどんどん悪くなっちゃう”
    ハマちゃんの言葉が刺さる。不景気、コロナ禍の今こそハマちゃんのような人が必要なのかも... 寅さんにしても、ハマちゃんにしても、スーさんにしても、山田監督が描く主役像は、日本が今求めている人物そのものなのかも。仮面ライダーもスーパー戦隊も、アベンジャーズも、DCコミックのヒーローたちも、カッコいいけど、強いけど、現実味が... 現代の日本には寅さん、ハマちゃん、スーさんたち山田監督の主人公が立ち上がって欲しいかな?現実味がなさそうだが、ヒーローよりはある。

    “(高価な家は)あんなものは売り払えばいいんです 私たち夫婦は戦後の大混乱の時期にゼロから出発したんですから ゼロに戻って元々です”
    原常務(岸部一徳さん)の息子さんの釣りの家庭教師をした縁で、大きな仕事へ繋がる。ハマちゃんが、原常務に話した「赤穂浪士四十七士になれなかった側の気持ち」の話が刺さったなぁ!銭湯でのタオルの上の携帯の動きは笑った!

    ハマちゃんスーさんの会食先の料亭「さわむら」の女将で、スーさんの親友の娘である沢村葉子(松坂慶子さん)、また葉子の娘で、獣医の裕美(吹石一恵さん)と出会う。この2人は今作のメインゲスト。

    鈴木家。飲みの後の深夜、スーさんの娘たち[長女・紀子(高畑淳子さん)と、次女・恵(かとうかず子さん)]が訪れていた。スーさんの遺産の話。次第に娘たちは話は白熱し、スーさんほったらかしの、酔いでスーさんは眠りの世界へ ...zzZ ちゃんちゃん!

    メインゲスト3人目、裕美の恋人で牧場の跡取り息子の久保俊介(塚本高史さん)の登場。ハマちゃん、スーさん、葉子で、北海道へ訪れた際に、葉子・裕美、俊介がひと部屋に... 空気が一気に変わり、凍りつき、葉子は部屋を飛び出す...

    ハマちゃんとスーさんの釣場ー 北海道。釧路地方の渓流釣り。狙う獲物はイトウ。釣りガイドで、旅館の主人の岩田益男(六平直政さん)のイトウや北海道への愛!が詰まった、心無い釣り人への警鐘は刺さる!

    俊介の両親・克臣(平田満さん)と弘恵(角替和枝さん)と、葉子の間に入るハマちゃん。葉子に彼女の両親の話をするスーさん。葉子の気持ちは決まる。
    そして、あの宴会のシーン。なんかそれだけで泣けてくる。ハマちゃんの美声もそうなんだが、それをも超越した家族愛、愛情、友情、地域のコミュニティーなどや、現代の日本を含め、世界中で出来ないことや、忘れられたことが詰まっているシーンで、自然にウルっときた!裕美の長年の疑問を、スーさんにぶつけ、その疑問が葉子の両親が眠るお墓の前で晴れた!そこのシーンも刺さるものがある。また、ハマちゃんの根比べのシーン。ハマちゃんの釣り人生で、一片の悔いなしな出来事、その後のハマちゃんの行動も、刺さる!

    ある朝、スーさんが...

    壮大なコント。ハマちゃんの美声、●目前の雰囲気ではない陽気さ。最後は「シェイプ・オブ・ウォーター」?現実世界では... やっぱり釣りバカコンビの絆!ハマちゃんがスーさんを連れ戻した!

    “これは創業者としての私の遺言だ”
    “鈴木建設は永久に不滅です!”
    スーさんの退陣式のスピーチは刺さる!そして、私も皆さんにも噛み締めていただきたい言葉。
    EDも最高!テロップ無しで観たい!

    最後に佐々木次長役の谷啓さんの遺作となった釣りバカファイナル。谷啓さん、遅くなりましたが、ありがとうございました。また、長い間お疲れ様でした。御冥福をお祈りします。

    余談:浜崎家に訪れたスーさんの妻・久江(奈良岡朋子さん)の、ハマちゃんの帰宅時、みち子(浅田美代子さん)とイチャつく姿への冷めた態度や対比の差で笑った!あのシーンが今作イチですな!

    1561

  • −−

    かずおくんさん2021/09/06 12:55

    19は?

    不景気の波が来ている で始まる
    笹野さん、個人タクシーに
    北海道にイトウ!グランダー武蔵の2巻でも番外編でやってるよね

    吹石さんの母ちゃん役が頑固だな
    娘の幸せを1番に願えや
    北海道の釣り人が守りたいイトウ釣る

    三途の川に八とゴールドカード
    すーさんカムバック

    鈴木建設は永久に不滅です

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました