お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第3作】釣りバカ日誌3

G

大人のお色気あふれる五月みどりをゲストに迎えた第3作。

出世よりも釣りが大事という鈴木建設の×社員・浜崎伝助の唯一の悩みは、愛妻みち子さんとの間に子供がいないこと。それを知った伝助の釣りの弟子・社長の鈴さんは、伝助を元気づけようと週末の釣りに誘う。二人が行った伊豆の星ヶ浦は、鈴さんにとって昔の恋人・妙子と過ごした思い出の場所。そこで鈴さんは妙子の娘・雪子と偶然出会い、妙子がすでに他界していることを知る。しかもリゾート開発により妙子の墓がなくなってしまうというのだが…。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
作:やまさき十三 画:北見けんいち(小学館「ビックコミックオリジナル」)
音声言語
日本語
制作年
1990
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-12-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第3作】釣りバカ日誌3の評価・レビュー

3.3
観た人
1026
観たい人
76
  • 3.0

    オパビニアさん2021/11/07 12:24

    釣り好きはみんなスケベに決まってる。

    今回は浜ちゃんとみちこさんに
    なかなか子どもができない
    というちょっとセンシティブなお話。

    それでも浜ちゃんの愛情やユーモアで重苦しさなく鑑賞でしました。

    相変わらずふたりの掛け合いは楽しくて、みちこさんも綺麗。

    どこに左遷されても
    わくわくしちゃう浜ちゃんって
    無敵だと思いました。

  • 4.0

    hoteltokyoさん2021/10/19 19:27

    西田敏行演じる出世よりも釣りを優先するサラリーマン浜ちゃんと、三國連太郎演じるその企業の取締役代表鈴木社長ことスーさんによるドタバタコメディ。浜ちゃんに子供ができないことを心配するスーさんと課長、釣りにも覇気がない浜ちゃんが取った行動とは・・的な物語。

    もうこれぞ安定のドタバタ劇。そして子供ができないことを持ち前の明るさで空元気をかます浜ちゃん。今日のドラマでは絶対に扱えないし扱わないセンシティブなテーマだが、なんでもありのこの時代だったからこそ描ききるハートウォーミング。

    冒頭から「会社には遅刻してもいいんだけど、釣りには遅刻するんじゃないよ!」とスーさんにぼやく浜ちゃん。そしてあることをしでかして懲罰としてアラスカに左遷されそうな浜ちゃん。こんな展開が許されるのはこち亀の両さんか釣りバカの浜ちゃんしかいない!もう素敵すぎるよ。

  • 3.3

    Jimmyさん2021/09/19 10:15

    初公開時(1990年12月30日)に、新宿松竹で鑑賞。(2本立て、前売券1300円)

    この映画、「男はつらいよ 寅次郎の休日」との2本立て公開だったので、観た。
    観てみると、意外に面白かった。
    三国連太郎と石田えりが良かった。

    社長(三国)と釣りバカ(西田)が、「会社での関係」と「釣りの時の関係」が逆になるあたりは結構笑えた。

    当時、「このシリーズ3作目のようだが、この先も続くのだろうか?」と思ったが、良く続いたシリーズとなった。

  • 3.6

    カトコウさん2021/09/18 03:25

    釣りバカ日誌3作目

    子どもの頃テレビで見てる頃は
    釣りがメインと思ってたし、お約束とかは意識してなかったけど

    いま見返すと釣りがメインとは少し違うように思うし
    男はつらいよの松竹で時代的には男はつらいよの終わりがけにシリーズがはじまっていて

    男はつらいよと同じようにシリーズのお約束。
    を強く意識した作品だったんだと今さら気づく

    3作目までで考えたら
    浜ちゃんのクビ話が持ち上がる。ってことと
    色恋的な担当はスーさん
    2と2作続いてスーさんが美女に惑わされている

    つっても今作は過去の思い出だが

    ということに気づくと、スーさん…お盛ん…

    あ、あと合体!ね


    とはいえ今回の裏テーマは
    浜ちゃんの子どもができるかできないか話ってとこかな

    普通に笑えたりもするが、普通といえば普通の作品

  • 4.0

    MaruyamaRyoさん2021/09/04 14:19

    酒を飲みながら見るのが一番いい映画。ゲストの五月みどりもでしゃばりすぎず、浜ちゃんスーさんがメインで仲良さそうに進んでいくのが、初期っぽくて良い。浜ちゃん夫妻が子供が出来ず悩んでいるというのがシリアスではないが根底にあって、話がちょっと深くなってた。山田洋次みを感じて良かった。
    消費税の話をしてたのも時代を感じる。

  • 3.0

    masさん2021/08/28 07:51

    薄紫の和服が似合うのが印象的
    すでにちょっとマンネリ感の中
    ラストの続く感。
    人のキャラの組み合わせがこの手の連続ものには欠かせない。

  • 3.0

    ユーザー0012さん2021/08/02 10:25

    釣り先の星ヶ浦で、スーさんの昔の恋人の娘と偶然出会ったことで起こる騒動。

    西田敏行と三國連太郎のかけ合いが絶妙。

  • 3.8

    MrMINEさん2021/07/08 19:18

    僕の生まれ年に公開された映画。
    この年は、平成天皇の即位の礼があり、「おどるポンポコリン」が流行し、キリン一番搾りが発売され、スーファミがヒットした・・・。


    フィルムのレトロ感や、演出が一昔前の時代を感じさせてくれて、
    “アンティーク映画”としても楽しめる。

    3作目の舞台は、静岡県西伊豆町。ゲストは、五月みどりさん。

    スーさんもすっかり、釣りの腕前が良くなり。釣り船の光景に進展が伺える。

    今回は、ハマちゃんがちょいネガティブ。
    なぜなら、愛するみち子さんの間に子宝が恵まれないから・・・。
    (シリーズ中盤から終盤にかけての作品をご存知の方にとって、本作はとても心温まるかと思います。まるで、古いホームビデオを見ているかのように…)
    そこでスーさんは、ハマちゃんを元気づけるために釣りへ誘うのですが、
    船の上で、かつて恋した女性の娘と遭遇することに・・・

    年の離れた、心開ける友情っていいなぁとつくづく思う。
    やっぱり、好きなことを共有しあえる人っていうのは、大切だな~

  • 3.6

    悪杭さん2021/05/16 12:49

    2021年 鑑賞 21-154-6
    BSテレ東 土曜だ!釣りバカ! にて
    TVアニメ化、TVドラマ化もされた、やまさき十三先生(作)、北見けんいち先生(画)による、長寿名作釣り漫画を原作に、「男はつらいよ」「学校」「息子」「虹をつかむ男」等の山田洋二氏が脚本に入った、名シリーズのの第3弾。1作目から引き続き、栗山富夫監督。

    ー 妻バカの望みと仕事の鬼の過去 ー
    仕事よりも釣りと妻をこよなく愛する万年ヒラ社員のハマちゃん(西田敏行さん)と彼を心から支える妻みち子(石田えりさん)。そんな2人の悩みは結婚後いつまでも子宝に恵まれないこと。そんな2人をわが子のように心配するのは、伝助が勤務する会社の社長のスーさん(三國連太郎さん)。スーさんはそんな伝助を励まそうと自身の思い出の地・星ヶ浦へと釣りへ誘う。その彼らに船頭の松造(花沢徳衛さん)から「この人も一緒にお供させてやってくれ」と言って頼まれ同乗させた女性は...

    スーさんの遅刻、タクシーのドアに、頭をぶつけるハマちゃん、キャッシュ派のハマちゃんら釣り船のクルー、世界共通のカード派のスーさん、は幻の酒・ロマネ●ンコ、ハマちゃんとスーさんのお祭りから始める、今回の釣りバカ。
    ハマちゃん夫婦とスーさん夫婦のの比較(相変わらずハマちゃんは愛妻家というより、妻バカだ)。

    営業三課の社員に子どもができ、より子どもがより一層欲しくなる... ハマちゃんのオタマジャクシはいっぱいで、●●が濃過ぎる?現代医学はそこまで?間に受けるな?ついつい家で、ハマちゃんの美声で、こんにちは 赤ちゃん〜♪の熱唱で落ち込むみち子。でも、ハマちゃんがみち子慰め... って... もう、ハマちゃんもろ言うぅ〜
    スーさんとみち子の電話中に、みち子にじゃれるハマちゃん、大声で笑うみち子、それを聞き、少し不機嫌で、どうしようもないスーさんの表情が笑える。

    ハマちゃんとスーさんの釣場ー 星ヶ浦岬。そこで船に同乗した女性が、今作のメインゲストの雪子(五月みどりさん)。雪子はスーさんと過去に訳ありか?スーさんの思い出の地だしね...

    眠りながらもしゃべくるハマちゃんをよそに、スーさんの過去の話が語られる。スーさんは雪子の母と、何かあったようだ...
    スーさんの元恋人で、雪子母のお墓で聞いた、リゾート化計画があることを知る。しかし、その計画を進めていたのが、自分の会社・鈴木建設であったことを知る...

    カラオケ教室の先生をしているという雪子。五月さんの歌唱シーン、染みた!雪子がスーさんや墓石のお話をする時の表情が輝いていたが、またハマちゃんの早とちりお節介が... そして、ハマちゃんのあの行動が...

    父娘の感動の再会の筈が... まさかのコメディ路線に... 釣りバカは、変態なの? でも、あのハグのシーンは感動だ!
    リゾート開発、反対!の抗議に、鈴木建設社員としてでなく、釣りバカとして参加したハマちゃん。鈴木建設社長ことスーさんに向かって、興奮と感動で、ハマちゃんが言い放った「えらいっ!」に拍手だ!出社停止2週間になったけどね... ハマちゃんは嬉しいそうだったが。出社停止2週間の有効活用した、スーさんとまたまた星ヶ浦で釣り。そして、海に落ちて行くぶっとい携帯電話とみち子からのサプライズ。

    「ちびまる子ちゃん」で有名なTARAKOさんが、営業三課のOLとして出演。もう声やセリフでわかってしまう!でも、このなぞなぞはわかる? 3号ライダーはV3。じゃあ、Vがふたつで何?仮面ライダーWだって?そうじゃないよ!答えは... 作品を観てね!

    1464

  • 3.2

    サイトーさん2021/05/09 13:15

    夫婦のデリケートな部分にも言及する物語。
    コメディで描くのは難しいところだが、いい塩梅にはなっていたかな。
    TARAKOの声がまんまちびまる子ちゃん。
    2021|36

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました