お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ネバーセイ・ネバーアゲイン

G
  • 吹替
  • 字幕

ショーン・コネリーが華麗に“ボンド復活”を遂げた幻の<007番外編>

巨大犯罪組織スペクターにより略奪されたNATOの核弾頭を奪取するため、ジェームズ・ボンドが活躍する!ド派手で華麗なアクションを存分に楽しめる<007番外編>!

詳細情報

原題
Never Say Never Again
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
1983
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ネバーセイ・ネバーアゲインの評価・レビュー

3.2
観た人
1244
観たい人
284
  • 1.6

    長谷川真也さん2020/05/31 17:03

    ショーンコネリーがジェームズボンドに数年ぶりに復帰したというわけですが、ビジネス的な理由にしか過ぎないのだろうなあとしか感じられませんでした。

  • −−

    ひろかさん2020/05/31 14:29

    ジェームズボンド年取ったなあ、
    ジャージ姿なのもお初にお目にかかりました(笑)

    いつもの音楽がないのが違和感、
    他はもういつもどおりってかんじでおもしろかったよ〜

  • 3.6

    FRANCISさん2020/05/26 11:01

    新旧ボンド対決その②、12年振りのコネリー・ボンド復帰作は『サンダーボール作戦』セルフリメイク。

    アーヴィン・カーシュナー監督の手堅い演出に加え、女殺人鬼ファーティマを嬉々として演じるバーバラ・カレラの怪演、華々しいデビューを飾ったキム・ベイジンガー。ブロフェルドにはマックス・フォン・シドーとキャストは超豪華。

    Mrビーンこと、ローワン・アトキンソン扮する間抜けな英国大使館員ナイジェルや、偏執狂的なラルゴとの核戦争ゲームなどはムーア作品への意識も大きく感じさせる。

    冒頭の再起をかけてトレーニングに励むボンドや、ゆったりとしたラニ・ホールの主題歌、年下のMなどは加齢を加えた設定を上手く活かしている。

    アクションシーンもスティーヴン・セガールのコーディネートのもと多くを本人がこなしており、タンゴのシーンや乗馬アクションも吹替無し。

    しかし、本作で最も印象深いのは『ムーンレイカー』の没案を再利用したバイクアクション。イオンプロに先駆けての実現は、黒人のライターなど本家シリーズへの逆輸入も多い。

    イオンプロのプロデューサー、アルバート・ブロッコリの妨害工作により、本家のスタッフの多くが参加を憚ったことにより、スタッフの不慣れさやお決まりのガンバレルやジェームズ・ボンドのテーマが流れないことでの盛り上がりに欠ける印象は否めない。高い期待と好意的な批評家の前評判にも関わらず、『オクトパシー』と興収・評価共に大きく水を開けられる。

    ジャズなどを取り入れた独特のサウンド、ハリウッドにおける一流の視覚効果に、『サンダーボール作戦』水中撮影のリコー・ブラウニングの再登板がもたらす、オリジナルよりのグレードアップ、本家コネリーボンドの延長戦としてのストーリー、ラストの粋なセリフとウィンクは良い。

  • 3.0

    ブルーノセナさん2020/05/18 00:50

    本家と裁判をしてまで製作された「007番外編」。裁判で出された条件で、「アノ個性的なオープニングは禁止」。「ボンドのテーマ使用禁止」。「オリジナルストーリーを作って製作禁止」などなどかなりがんじがらめ。そこで諦めないのが凄いよ。ストーリーは「サンダーボール作戦」のリメイク。主演はショーン・コネリー。やっぱりいくらコネリーでもあそこまで歳をとってからのボンド役はかなりキツイ。女性にうつつをぬかすシーンもプレイボーイと言うよりもスケベ爺になってしまっている。ストーリーの元ネタが良いのと、職人監督のアービン・カーシュナーのお陰で並に楽しめるアクション映画には仕上がってました。同年公開された本家の作品は「オクトパシー」。うーん...やはり本家の方に軍配は上がるなぁ。

  • 3.0

    夏色ジーンさん2020/05/14 00:32

    感想川柳「貫禄が かなり増した ボンドくん」

    TVでやってたので観てみました。_φ(゚Д゚ )

    犯罪組織スペクターによるNATOの核ミサイル強奪事件が発生。特命を受けたジェームズ・ボンドはバハマに急行し、スペクター幹部・ラルゴの愛人との接触を図るが、そこにはスペクターの罠が待ちかまえていた…というお話。


    ショーン・コネリーは007を引退した後に
    一回復活したことありますが


    また変則的に復活( ゚A゚ )内容はサンダーボール作戦のアメリカリメイクとしてみたいですね

    さすがにかなり髪の毛が薄くなっていますね(^o^;)
    でも体格は大きくなってる?(´・(ェ)・`)

    アクションは…( ゚A゚ )まぁしょうがない

    秘密兵器もアメリカっぽいというか
    結構ハデなものになってます((゚□゚;))


    あの不思議なゲームはあんまり意味が分からなかったな( ・ω・)


    一番ビックリしたのはローワン・アトキンソンが出てたこと(笑)( *´艸`)キャラもあんまり変わってない



    んでまず( ´∀`)/~~

  • −−

    ネーポンさん2020/05/12 13:36

    もうひとつの007だとしても、
    あの曲を流してほしかったなぁ…
    007のお決まりになってるサメさんと
    謎ゲームのJAPANと
    変わらない若きMr.ビーンが良き◎

  • 3.3

    シナチQさん2020/05/08 23:17

    番外編。
    終盤イマイチ盛り上がらん!女殺し屋が万年筆爆弾で吹っ飛ぶ辺りがクライマックスだったかな…007のテーマ曲も一切なく、QもMもマニーペニーも知らん人ばっか…どうせならこの髪型が微妙に色気づいちゃってる若きMr.ビーンにもう少し出番があると良かったのに〜。

  • −−

    ねこだとらきちさん2020/05/07 23:28

    元ネタのサンダーボールもこれも潜水してからの話のどーでも良さはスバラシイ!!
    あんな面白い水着を映画で初めて見た!!🐯

  • 2.9

    花紫さん2020/05/07 05:34

    『サンダーボール作戦』を観たばかりだけど、リメイクだと言われなければ気付かない。
    ボンドさん、あの変なゲーム初めてやっただろうに、ざっくり説明でよくやり方わかったね。しかも上手いし。
    ミスタービーンがいた。

  • 2.6

    ギーヨさん2020/05/06 16:51

    再鑑賞。だけど、全く内容覚えてない( ̄▽ ̄;)
    正統な007シリーズでは無いのねー知らなかった、、、

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す