お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

怪獣島の決戦 ゴジラの息子

G

ゴジラの息子ミニラが登場! 格闘シーンに加えて怪獣に初めて感情表現をさせた画期的作品。

ゴジラの子供・ミニラが初登場する「ゴジラ」シリーズ第8作。ゴジラとミニラの微笑ましい親子愛が描かれており、南太平洋の無人島を舞台に親子で新怪獣達と死闘を繰り広げる。気象コントロールの研究をしていた楠見博士らの実験による異常な高温現象が原因で、怪獣・カマキラスが大発生。カマキラスは発見したゴジラの子供・ミニラを攻撃するが、そこへ怒った親ゴジラが登場する。この作品から特技監督が有川貞昌に交代され、師匠の円谷英二は特技監修になった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1967
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

特撮邦画ランキング

怪獣島の決戦 ゴジラの息子の評価・レビュー

3.1
観た人
1430
観たい人
254
  • 3.0

    火の玉ジョニーさん2021/10/19 06:15

    むか〜し劇場リアルタイム鑑賞作品

    怪獣に目を輝かせてたころでも見たイメージはミニラがやたらうっとうしかった感じ

    いまで言うと「ウザい!!」
    子どもながらにこういう思いにかられたんだから当時からブラッキーの片鱗があったのでしょうね
    タイトルそのまま、ミニラのための映画なのにね

    でもあらためて見ると冒険活劇としてそれなりに見れてしまう
    すべてが荒唐無稽だし怪獣映画としてはなんだかなあ〜路線なんだけどゴジラ前作「南海の大決闘」とこの作品はけっこう好き

    南国の美女を演じたヒロイン前田美波里さんは前作水野久美さんと比べると容姿がアメリカ〜ン?
    性格もスパッとはっきりしてそう

    そこはなんか日本人的なかわいさと色っぽさとMっぼさ(!!)が同居してる水野久美さんが優勝!!
    ホント小さいときに会いたくてしょうがなかった人
    マセガキでしたね…

    って怪獣の話をぜんぜん書いてません
    まあそんな作品です

    ゴジラの顔は歴代でも最低レベルのギャグ仕様で怪獣的な怖さは皆無かな
    カマキラスとかクモンガとか昆虫図鑑かよ
    あっbooちゃんに勧めたろ(笑)
    とりあえず怪獣が出てればなんとかなっちゃった時代の怪獣映画

    人間側は仲間割れとかしても最後は平和でこういうのもアリかなあ…

  • 2.5

    ハシムラセイジさんさん2021/10/14 14:13

    ゴジラの子供、ミニラ登場!「媚びる」という言葉とは無縁な容姿。後のベビーゴジラは全力で媚びにきてましたが僕はミニラの方が好きです。新怪獣としてカマキラスやクモンガが登場。両者ともに存在感があり良かった。子供向けの楽しく明るいストーリー展開だったのにエンディングはまさかのシンミリとしたものでした。マニア向けの作品ですね。

  • 3.2

    リョウタさん2021/09/26 02:24

    2021年 551本目

    ゴジラの息子のミニラが酷い目にあいすぎていた

    ミニラのビジュアルが個人的には合わなかった

    敵怪獣のカマキラスとクモンガが印象的だった
    クモンガが何気に強かった

  • 3.2

    PIXYさん2021/09/21 08:08

    ミニラの出番ってこんなもんだった?子供の頃の記憶と随分違った、カマキリにクモの怪獣ここで出てきたのかまとめてシリーズ観てるから高島忠夫さんがまた登場別の役だから混乱しかないが懐かしい。

  • 3.5

    ベルベーさん2021/09/19 10:46

    ミニラ虐待コメディ。いや、酷い言い方なのは分かっているがミニラが酷い目に遭いすぎで笑うしかないのである。生まれた瞬間にカマキリに突つかれて虐められるミニラ。ゴジラが蹴った石ころ(岩石サイズ)がぶつかるとばっちりミニラ。クモンガに縛られるミニラ。嗚呼ミニラ。そもそもどう見繕っても可愛くないトチ狂ったデザイン。でも動きと「プァアプァア」という鳴き声がつくと不思議と可愛く思えてくる。そんなミニラが酷い目に遭いまくる。…作り手割と変態なんじゃないか。

    ことここに至ってはマジで人間パートなんてどうでも良くて笑う。そもそもお前らのせいで最後ミニラ寒くて苦しんでたぞ!なんだよ皆で寄ってたかってミニラを虐めて!「可哀想ねゴジラ」じゃねえぞ前田美波里。「雪が溶けたらゴジラ親子は楽しく暮らせるよ」と言うわりに不穏すぎるぞ劇伴。

    あと敵怪獣も、よく考えなくても雑だよな。デカいカマキリとデカいクモて。まあでも、一つ前のデカいエビよりはマシなのか…。

  • 3.5

    プログレさん2021/09/16 22:30

    「夏の子ども向け娯楽映画作品の企画」として評価するなら、そこそこ完成度が高いと思う!
    脚本と構成がちゃんとしていて、期待よりおもしろかった。

    モスラ対ゴジラ、三大怪獣、怪獣大戦争、南海の大決闘を視聴中で何度か感じた「ん?…まあ別にいいか。これも愛嬌!」の感覚が軽くなっていて、
    最後まで楽しんで鑑賞できた。
    カマキラスとクモンガ両方ともしっかりトドメを刺してるのもいい。
    これはウルトラマンの影響?

    ホームシックの人の扱いが悪くかわいそうと思う部分もあったけど、
    クモンガ登場あたりから周囲の好感度が回復してきて、
    ラストの脱出で他のメンツより感極まって博士に話しかけてる部分ですごくスッキリできた。
    ヘイトコントロールの参考になる。

  • 2.8

    satoshiさん2021/09/12 22:11

     ゴジラ、パパになる。

     まさかのパパ化。話は陳腐極まりないもので、敵もカマキラスとクモンガだし、そんなに面白くない。ゴジラのパパ感とミニラが可愛かったくらいしかないな。後、本作でミニラは一回もミニラって呼ばれてないのな。

  • 3.0

    ごりさんさん2021/09/10 07:24

    高島忠夫のパイプとサングラス、全く似合ってない。
    ミニラが滑稽すぎる。クモンガの脚の動気がいいよね。
    ラスト、あのままだと死んじゃうよね。
    潜水艦で救助に来るって型破りだな。

  • 3.0

    とのさん2021/09/03 19:15

    ストーリーとしては正直微妙で、ゴジラの息子というパワーワードで何とか乗り切った作品。ミニラがとにかく愛らしいが、実験隊のメンバーはよく初見でゴジラの息子だと気付いたなあ、、というくらいゴジラとは似ていない笑 気象コントロール装置というアイデアは秀逸だと思ったので、もう少し活かしてほしかったのが残念なところ。

  • 3.6

    コスタリカさん2021/08/26 21:27

    ミニラがひたすら可愛い。けれども肝心のストーリーがちょっと薄い。ストーリーの印象が全くない。ミニラの可愛さに頼りきった作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す