お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゴジラの逆襲

G

世界的なヒットを記録した『ゴジラ』の続編。

前作「ゴジラ」の空前の大ヒットを受けて、製作されたシリーズ第2作。漁業会社に勤める月岡らは魚群を追って飛行艇を運転中に岩戸島に不時着する。そこで彼らが遭遇したのは怒り狂ったゴジラと、さらにひと回りも大きい凶暴な巨竜・アンギラスの死闘だった。大阪警察庁は早速緊急会議を開くが、大阪の街では2頭の怪獣による凄絶な戦いが始まる…。超兵器オキシジェンデストロイヤーなしでゴジラを撃退できるのか…。2頭の怪獣の激闘シーンは迫力充分。

詳細情報

関連情報
原作:香山滋
音声言語
日本語
制作年
1955
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

特撮邦画ランキング

ゴジラの逆襲の評価・レビュー

3.1
観た人
1612
観たい人
211
  • 3.2

    たつみさん2021/05/14 00:13

    ゴジラの二作目にして、初めての怪獣同士の対決が描かれる…のだが、アンギラス退場早すぎない?

    かませ犬感が凄くてちょっと可哀想になった。

    原爆関連のメッセージ性も一気に薄くなって、エンターテイメント寄りに作ったんだなぁって感じ。

    モノクロ×特撮で時代を感じるけど、この時代にどうやって撮影したのかな?ってシーンが結構あって、それを考えながら観ると存外楽しめた。

  • 3.2

    映画っていいなさん2021/05/13 16:02

    2作品目ですが、特撮はお見事ですね。
    ただ、前回は政治の話も絡めストーリーが、かなり構成されていた気がしたが、
    今回の作品はあまりそういった部分は見受けられなかった印象ですね。

  • −−

    mycoさん2021/05/13 06:59

    ゴジラシリーズ2作目!
    今回はゴジラだけじゃなくアンギラスも登場!
    キャラが増えると更にワクワクしますな。
    前回の作戦を使えない今回はどうやって2匹を倒すのか!

    「花婿さん」のほっこりキャラを中心にした昭和な会話がなんとも癒し。

  • 3.4

    モヤシュシュさん2021/05/11 20:20

    ゴジラシリーズ第2作


    前作のヒットから大至急作られた続編。
    制作期間は僅か3ヶ月と言うから驚き😳


    今作ではゴジラ以外にもアンギラスが登場しており、ゴジラのVSシリーズはここから始まりました!

    という訳で前作のようなメッセージ性はなく娯楽方向へとシフトチェンジが伺えます。ストーリーは大人向けですが。
    怪獣プロレスですが、互いに首を取りに行くあたりが獣をリアルに感じました😁

    ラストは今後のゴジラを占うような終わり方でした!

  • 4.2

    眼鏡の上にも三年さん2021/05/10 00:31

    ゴジラは災害程度の活躍で、基本は人間ドラマが中心。
    ゴジラが引き起こしてることより人間が引き起こしたことの方が影響が比較的大きかった気がする。

  • 2.5

    Yまさん2021/05/06 22:05

    ゴジラ映画全作レビュー2作目。2作目にして、前作の重苦しい雰囲気はどこ吹く風と言わんばかりの薄っぺらい人間パートの応酬で、ある意味ゴジラ映画の方向性を決定付けた作品。

    とにかく中盤以降の脚本が雑でツッコミどころが多く、

    ・灯火管制敷いて住民避難させてるのに何故か近くを通る護送車。政府の指示がザルすぎる。

    ・大阪壊滅の翌日に、親友に彼女がいない事をイジって笑う主人公一同。そんなこと言ってるレベルの被害じゃないだろ。

    ・その親友がゴジラに殺されたのに声も出さずただ黙って見てるだけの主人公。コイツに人の心は無いのか。

    ・何故か戦闘機に乗ってゴジラの討伐を任される民間のパイロット。自衛隊がやれ。

    ・何の見せ場も無く秒で終わるゴジラ討伐の下準備。

    など枚挙に暇がないとはこの事である。

    初の敵怪獣であるアンギラスも「出す意味ある?」と言いたくなるほど影が薄く、あっさり中盤で退場。
    しかも、スーツの造形のせいなのか4足歩行のはずのアンギラスがどう見ても2足歩行にしか見えないシーンも多く「昔の映画だから」では片付けられないほど撮り方もチープだ。

    唯一、ラストのゴジラを雪崩で埋めるシーンだけは迫力があって良かった。

  • 3.0

    ユズリさん2021/05/05 01:15

    アンギラスの後ろ足気にしたやつ、この世で一番みっともない死に方する呪いにかかります。これゴジラである必要なくねとか言ったやつも同じです。あと小林が死んだとき笑ったやつも人間のクズです。アンギラスもいらない子じゃありません。

  • 3.0

    Melaninさん2021/05/01 13:35

    一作目が偉大ってのもあるけど、やっぱり比較してしまうとテーマも特撮もストーリーも平凡すぎるかな...。登場人物のキャラクター(個性)ほぼ印象に残らないしな...。

    怪獣2体を目覚めさせたのは人間とはいえ、今回は人類への攻撃と言うより戦いの舞台がたまたま日本だったという感じなのでタイトルもゴジラの逆襲というよりゴジラ再来のほうが合ってそう。

    特撮はスケールダウン(冒頭は頭と同じ大きさくらいの岩がボロボロ落ちるだけだったり。それでも当時としては危険な撮影だったかもしれないが...)しつつも要所はさすが円谷英二監修。終盤の山間のシーンは良かった。それにしても前作スタッフが円谷英二以外ほぼいないのはどうしてなんだ...?

  • 3.0

    backpackerさん2021/04/21 19:17

    ゴジラシリーズ第2作

    【作品情報】
    公開日  :1955年4月24日
    作品時間 :82分
    撮影   :スタンダード(モノクロ)
    監督   :小田基義
    制作   :田中友幸
    原作   :香山滋
    脚本   :村田武雄、日高繁明
    音楽   :佐藤勝
    特技監督 :円谷英二
    出演   :小泉博、千秋実、若山セツ子志村喬、ほか

    【製作舞台裏概要】
    『ゴジラ(1954年)』の爆発的大ヒットを受け、急遽製作された。
    前作公開から約半年後の公開、撮影期間は実質3ヶ月という突貫工事の急造作品ながら、ミニチュアワークは前作より向上している。
    特徴とされるスピーディな動きは、人的ミスによりコマ落とし撮影となった結果生じた、怪我の功名である。
    前作の試写等で、ゴジラの死を悲しみ涙した原作者香山滋は、本作で復活したゴジラを再び殺す結末にすることはできず、氷の中に閉じ込めることに。本作以降も原作を依頼されるが、同理由により拒み続ける。

    製作陣については、本作より、円谷英二が特技監督としてクレジットされるようになる。
    また、前作に引き続き、黒澤明率いる黒澤組より志村喬が山根博士を再演。


    【作品感想】
    噛みつき!噛みつき!ひたすら噛みつき!
    ゴジラシリーズ最初の怪獣同士のバトルは、まさに死闘と言っていい暴れっぷりです。
    前作とは別の個体として再び世に現れた、乱杭歯剥き出しのゴジラ。
    水爆実験により目覚めた犬のようにマズルの伸びたアンキロサウルス→アンギラス。
    この二匹による、大阪一帯を蹂躙・破壊する壮絶なバイティングバトルは、他のゴジラシリーズには無い、闘志剥き出しの"野生の奔流"が垣間見えます。

    また、喉笛を喰い千切られたアンギラスが、放射熱戦によって焼き滅ぼされる、という壮絶な死が描かれる点も特徴的です。
    怪獣の明確な死の描写は、以降の昭和ゴジラではあまり描かれなくなるため、一層印象深いですね。

    正直なところ、この二匹の戦いの過程(大阪城大破壊等)は素晴らしいのですが、作品の大半を占める人間ドラマパートは、かなりつまらないな……という印象です。
    『海洋漁業KK』という一企業のプロペラ機パイロットが、第一発見者ではあれど、なぜここまで物語に絡めるのか、自分では全く紐付けられません。

    「このドラマパートが好き!」という方もいるのかもしれませんが、個人的には、ドラマパートだけ取り上げた場合のスコアは、いいとこ2.0です。
    あくまで怪獣映画ですので、ゴジラとアンギラスの激戦に配慮し、3.0とさせていただきます。


    【ゴジラシリーズ所感等駄文②】
    前作の大ヒットにより、一躍東宝の稼ぎ頭となったゴジラ。
    映画作家・本田猪四郎の手を一旦離れ、急拵えに作られた本作以降、その寓話性が薄れていき、次第に〈子ども達のヒーロー〉へと変わっていきます。

    本田猪四郎はこの後もバンバンゴジラ作品を監督していきますが、ゴジラシリーズは子ども向け路線に舵きりし、自分の描きたいことは少し交える程度に抑えていった印象です。
    その分、『海底軍艦』や『ガス人間第1号』、『妖星ゴラス』と言った作品で、作家性を発揮していったようですね。

    ゴジラには、人間を容赦なく殺し、都市を破壊し、何もかもを灰燼に帰す、そんな不条理感・絶望感を求めている身としては、昭和シリーズのヒーロータイプは、今はまだ苦手です。
    いつの日か、"破壊の化身"たるゴジラのみならず、"子どもたちのヒーロー"なゴジラを、心から愛せるようになりたいです。

  • 3.5

    Leonさん2021/04/15 21:43

    「ゴジラ」シリーズの2作目

    前作が良すぎた分、今作は微妙に感じてしまったが、怪獣vs怪獣の構図を作った点などは良かった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す