お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

G

パラレル・ワールドの日本を舞台にした斬新なゴジラ映画。

「ゴジラ」シリーズ第24作。防衛庁内に設立されたG対策本部では、ゴジラを人工ブラックホールで異次元に転送し、完全消滅させる「G消滅作戦」に基づいて、すべてを吸い込み別次元に葬り去る新兵器「ディメンション・タイド」の試射が行われた。しかし、その実験でブラックホールによる時空の歪みが発生、古代の巨大昆虫の幼虫メガヌロンが現代に蘇り、大繁殖してしまう。メガヌロンは瞬く間にメガニューラの群れへと成長。彼らはゴジラのエネルギーを吸収して凶悪怪獣メガギラスに変身を遂げ、町を壊滅状態に陥らせる。新怪獣・メガギラスとゴジラ、そして人類の三つ巴の戦いが東京・お台場を主戦場に繰り広げられる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2000
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

特撮邦画ランキング

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦の評価・レビュー

3
観た人
1574
観たい人
185
  • −−

    genさん2021/05/04 01:49

    メガギラス、メガヌロン、メガニューラきもちわる〜!
    ゴジラはどんくさい感じ。ちょっとコミカル

    首都大阪、渋谷沈没、マイクロブラックホール 好き要素。

    ロン毛の谷原章介好き

  • 3.0

    Kさん2021/04/27 15:17

    ファッションに懐かしさを覚えた。汗の描写にやたらこだわりを感じる。密集系の映像が苦手なのでちょいちょい厳しい。極楽とんぼはトンボつながりかな。倒れてから立ち上がるゴジラの動きがめっちゃ変。あんまり迫力を感じられるバトルがないまま終了してしまった。吐き出し方は前作より良かった。エンドロール後に続きがあるパターンは初。

  • 2.6

    いっちーさん2021/04/25 16:46

    ゴジラ第3期の2作目。
    2期と違って続き物じゃないんですね。
    今作では1954年のゴジラ来襲からそのまま生存。3度に渡って襲われており東京が壊滅し、首都を大阪に移し対ゴジラに備えているという設定。

    生き残った人類がなんとか死にもの狂いでゴジラ殲滅に奮闘する内容ならば個人的にはすごく面白く観れたんですけど、東京壊滅とかいっときながらそんな片鱗も見せず復興してるし、なんだったら全体的に余裕あるしその設定いります?って思いました。

    対ゴジラ兵器として使われる「ディメンション・タイド」という小さいブラックホールを作りそこにゴジラを吸い込ませるというとんでも兵器を開発しちゃう訳ですけど、そんな超テクノロジーを持っていながらそれ以外の武器とかそんな装備で大丈夫ですか?ってくらいの武器と人数でゴジラや昆虫怪獣に挑んでく無謀さ。
    なんか全体的に面白くなかったです。

  • 3.0

    ぺあのさん2021/04/24 17:22

    「直径1cmのブラックホールの質量は地球くらいなので、地上でテストするなんておかしいだろう」的なつっこみどころとしては満載。ですが、ゴジラシリーズのクオリティが安定してきて、ちょっとイラつく程度で鑑賞できる!
    昭和ゴジラのほのぼの感はなくなって残念だけど、これはこれで楽しくなってきた!
    極楽トンボが出演しているのも見物

  • 2.5

    Rさん2021/04/13 17:50

    なんだか凄い物語だった。

    ゴジラを倒すために開発されたブラックホール砲とかいう武器の実験をしていたら、時空の歪みが発生して、太古の巨大トンボが出現する。そのトンボが産んだ卵から飛翔系怪獣メガギラスが誕生して…といった展開は、「ゴジラ打倒がアダとなって、新怪獣を生む」という悲劇(喜劇?)。

    田中美里の出演が新鮮であったが、物語についていけない感が強く、はっきり言うと「凝り過ぎ」だったと思う。

  • 3.0

    WestRiverさん2021/04/06 21:02

    人類がゴジラを倒す方法は唯一つ。宇宙からミニブラックホール砲をゴジラめがけて発射し吸い込ませる!という荒唐無稽な作戦。
    怪獣同士のコンバット要素は薄く、科学者とパイロットのドラマ色が強い作品。賛否は分かれるかと。

  • 2.5

    翔恵さん2021/03/16 16:30

    幼い頃に大好きだった作品です。
    コミカルなアクションをこなすゴジラがみれます。
    変な卵は持ち帰って来るな少年!

  • 2.5

    JangDuxPanchamaさん2021/02/24 22:57

    ハリウッドメジャーを意識して作りました感に襲われました。
    別世界、首都大阪!これは楽しかったです。

    そんなところによじ登ったら被爆してしまいます。

    谷原章介、イイ声してます。

  • 3.0

    nori007さん2021/02/05 22:03

    ゴジラの監督には、超兵器が大好きな人がわりといる。手塚昌明監督も超兵器を出すことと女性を主人公にすることを条件に監督を引き受けたという。。
    もうこの発想がダメだと思う。

    もちろん超兵器がダメなわけではない。いやウルトラマンなどの作品にはありだろう。
    ただゴジラはもっとリアルなものとして作らないとダメだと思う。
    平成ガメラ、ハリウッドゴジラ、シン・ゴジラ、どれも優れた作品だが超兵器なんて出ないで現存兵器で戦っているだろ!

    それとわざわざ子供のエピソードを入れるのもまったくもって不必要。子供ウケを狙ってだろうがこうゆうのは子供自体が嫌ったりするもんだ。

    谷原章介の演出もなんであんなチャラくするかな。。。普通の科学者にすればいいのに。

    ただ渋谷が水没するシーン。あとお台場でのバトルはまあまあ面白かったな。
    ただし平成ガメラと比べると。。。。
    --------------------------------
    2014/09/02 23:10
    3.5
    自分がゴジラに求めるのは、ウルトラマンよりもリアリティレベルの高い内容である。

    そういった意味では、今作の一種特殊なパラレル設定は少々疑問である。
    日本は核のエネルギーを目指してやってくるゴジラを避ける為に原発を廃止して、新しいクリーンエネルギーで電力を確保している。おまけに首都は大阪に移されている。はたしてこうした設定は必要だったのだろうか?
    他のゴジラシリーズの整合性も合わなくなり、現実味も無くすだけだと思うのだが。
    さらに、特殊戦闘機グリフォンやディメンション・タイド(ブラックホール砲)は本当にリアリティを無くす。

    そうした今作のみの特殊設定なためにげんなりしていたが、後半は意外と面白くなる。
    まず、水没した渋谷の様子が面白いし、メガヌロンがちゃんと昆虫のような変態をする。ラドンに登場した時は単なる野暮ったいキャラクターだったのが、今作ではかなり虫らしい。成虫となったメガニューラとゴジラの戦いもいいし、メガギラスとゴジラのバトルもかなり見ものでした。そして最後の展開もエンタメとしてはかなり気持ちいい展開に。

    なので、特殊設定を大目に見ればけっこう楽しめる作品ではある。
    モスラ対ゴジラのヒロイン星由里子さんも健在なところもよかった。

  • 2.8

    鉄さん2021/02/03 05:03

    極楽とんぼが水道局員として下働きする映画。

    ビミョー。全体的にメガギラス関連の話の取ってつけた感が凄い。無くても成り立つし、肝心のメガギラスとゴジラのバトルもそんなに盛り上がらない。ゴジラの背中が刺々しい造形はカッコイイ。怪獣対策組織のGグラスパーがウルトラマンの地球防衛チームみたいで好きなんだけど、男性隊員(特に谷原章介)のマチズモ感がキモイ。

    「何その終わり方?」ランキング上位に入ること間違いなし。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す