お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

G

超人気シリーズの劇場公開第13作。

絶海の弧島―絶壁をものともせず何やら捜しものをしている2人がいる。悟天とトランクスだ。2人は、ブルマが作ったドラゴンレーダーを持ち出して、ドラゴンボールを捜しているのだ。ドラゴンボールとは、7つ集めると神龍が現れ願いをひとつかなえてくれるという不思議な球だ。神龍見たさに、ミスターサタンの娘・ビーデルも一緒にいる。

詳細情報

関連情報
原作:鳥山明 オープニングテーマ:「WE GOTTA POWER」 エンディングテーマ:「奇蹟のビッグ・ファイト」
作品公開日
1994-03-12
音声言語
日本語
作品公開日
1994-03-12
制作年
1994
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれないの評価・レビュー

3.3
観た人
3178
観たい人
188
  • 2.8

    ヤンさんさん2020/06/23 12:05

    基本的に東映春の(夏の)まんがまつりの中の1本として上映されたものですから、時間も50分程度と特に子どもが集中していられる時間でおさめているのがいいですね
    特にZになってからは顕著ですが、ストーリーラインはほぼ変わらず「Z戦士たちが楽しい日常を過ごしていると」「宇宙などから何者かがやってきて」「敵の幹部たちをやっつけて」「元気玉あるいはフルパワーでやっつける」「ふん!」
    上記のストーリーラインはすでにテンプレのようなものだし文句を言っても仕方ないので、敵に魅力があるかどうかしか論ずるところがないんですよね

    というわけで『Z』としての第10弾は再びブロリー
    自我も理性もなくなったフリをしていながら、ぎりぎりのぎりぎりで悟空を追うため宇宙ポッドに乗りこむあたり非常に強かです
    今回の主人公は悟天とトランクス+ビーデル、悟飯はおまけだし悟空も美味しいところだけちょちょっといただくくらいのため、前回の登場よりさらに絶望感が半端ないです
    私は悟天がうざったいため点数は辛め
    見どころはベジータより諦めが悪いトランクスとフィニッシュシーン

  • 3.5

    Rikutoさん2020/06/19 13:46

    2020年125本目

    悟空に対する恨みがさらにパワーアップさせてるって感じ。この時のご飯最高にかっこいいんだよな。

  • 3.6

    なかしさん2020/06/03 01:50

    トランクスのおもらしシーン

    個人的に悟飯が1番好きだから、大人になった強い悟飯を見れてよかった。

    親子三代カメハメ波は胸熱やなぁ
    神龍が悟空を呼び出しのかな!?

    悟天とトランクスは基本ガチで痛がらない

    ドラゴンボール全映画コンプリート

  • 3.2

    lilkanacoroさん2020/05/28 23:30

    戦闘シーンがそこまで迫力のある感じではないけど、サブストーリーとして見るなら面白いと思う(´・∀・`)
    でもピッコロが出てないから悲しいです(´・∀・`)

  • 3.8

    牛乳たちさん2020/05/26 17:54

    ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
    1994年 50分

    伝説のスーパーサイヤ人のブロリー再び。悟天とトランクスのシーンが結構長く、悟飯早く来て!って感じになります。悟飯がボコられてるシーンは、可哀想過ぎて早く悟空来て!って感じになります。

    悟空が来たときの安心感が半端じゃない。親子3人のかめはめ波は、めっちゃスカッとした!

    祈祷師の呪文みたいな『オンバッチャマ・ジッチャマ・ヤヤコリトッチャマ』は鑑賞し過ぎて覚えましたw

  • 2.5

    シャカナシャカナさん2020/05/18 14:52

    子供の頃好きだった漫画で当時もレンタルしてみた作品だった。
    当時は口数の少ない無敵のようなブロリーが怖くてハラハラしながら見ていた。

    今見直すとストーリーが淡々と進んで、あっという間に終わってしまう。昔も今もビーデルとチビたちの関係性が好きだなって思う。

    ピッコロさん!!!って思ったらまさかだった。近いうちにピッコロ名場面みよっ笑

  • 3.6

    ともさん2020/05/12 23:53

    再びカカロットの血の泣き声で起こされ、ブロリー選手7年ぶりの復活!

    悟飯が青年になって、悟天、チビトランクス、ビーデル登場。女子供にも容赦をしないブロリーさん、そこに痺れる憧れるぅ!ウソです痺れないです、むしろだいぶひきました…。カカロットォォしか言わへんし。

    親子三人かめはめ波はアツい!!

  • −−

    素晴らしき哉映画さん2020/04/18 17:32

    13作目(14作目 ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ)


    悟空の頃よりかなりパワーアップしてるのにブロリー強いやん
    今回は仲間少ないけどよく頑張った

    エンドロールでは前ブロリーとの戦闘シーンが流れます

    __________________

    野沢雅子♠︎孫悟空、孫悟飯、悟天
    田中真弓♠︎クリリン
    草野毅♠︎トランクス
    皆口裕子♦️ビーデル
    嶋方淳子♦️ココ
    茶風林♠︎祈禱師
    江川央生♠︎村人A
    幸野善之♠︎村人B
    木村明日香♦️村人C
    高木均♠︎長老

    島田敏♠︎ブロリー

    八奈見乗児♠︎ナレーション

    1回目

  • 3.7

    ウラキさん2020/04/04 15:51

    「無駄なことを、、今、楽にしてやる!」

    ブロリーの放ったギガンティックミーティアvs悟空、悟飯、悟天の親子3人かめはめ波の名シーン。ブロリー、技がマジでかっけぇんすよね〜。

    7年ぶり再登板のブロリー選手。愛しの悟空さを追ってきたものの、既に故人になっておりションボリ。世代交代のため、悟天、トランクスコンビが主人公で、シリアス強めだった前作よりも大分コメディ寄りになってる。

    にしても、悟空、悟飯、悟天の3役を見事に演じ分けてる野沢雅子さん、凄すぎます。トランクスの幼少期やってる草尾さんもすげぇ。声同じだったのかよ、、、

  • 4.0

    ほにほにほさん2020/04/02 23:44

    かなり面白かった。お話作りに無理がない。タイトルの出方と、ブロリーが霧の湖から出てくるところがめっっっちゃくちゃかっこいい。ラストはセル戦のセルフパロディだけどちょっとよくわからなかった。ビーデルさんかわいい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す