お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第1作】男はつらいよ

G

昭和44年8月に「寅さん旋風」を巻き起こし以後シリーズ化、国民的ヒーローとして数知れないファンを魅了し続ける記念すべきシリーズ第1作。

中学の時に家出し、テキヤ稼業で全国を渡り歩く寅さんは、たった一人の妹・さくらが柴又のおいちゃん夫婦に世話になっていると聞いて懐かしの故郷へ。さくらの縁談話にひと肌脱ごうと張り切るが、何もかもぶち壊し。いたたまれなく奈良へ旅に出ると、御前様の娘・冬子に声をかけられ一目惚れしてまた柴又へ。帰ると隣りの印刷工場職人・博がさくらと交際させてくれと寅さんに迫る。そして二人の結婚。しかし、寅さんの冬子への想いは叶わぬ夢だった。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1969
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第1作】男はつらいよの評価・レビュー

3.9
観た人
4617
観たい人
729
  • 4.3

    eijohnさん2020/06/06 15:58

    コロナでどうなるかと思ってた、男はつらいよ 4Kデジタル修復版 危うく見逃すとこだった!慌てて観に行ってきた。
    素晴らしい!
    男はつらいよ、ずーっと大好きなんだけど、何作か観てないという中途半端なファンだけど、、初スクリーンでの寅さん、いいっすね~
    一作目を改めて観ると、なかなかてんこ盛りな内容で、他の作品と比べると、毛色が違う印象。寅さん、めっちゃ元気だし、泣くし、かなりデリカシーないし(笑)
    はまらない人もいるかもなあ、と思う所もあるが、とりあえず、この一本で男はつらいよ、ってこんな映画なのか、と分かった気にはなって欲しくないなあ。色々あるんよ。寅さんがマドンナに惚れて、最後にはフラれる、ってだけの映画じゃないんだよなあ。

    あと、4K素晴らしい。今まで、DVDや、テレビ放映を観てたけど、古くさい映像が否めなかったのが、見違えった。ある意味、昭和=粗い粒度の映像というが、そんなもの、というのが当たり前とおもってたが、4Kデジタル修復で、50年近く前の風景、役者さんたちの表情とかが、鮮明に甦った感じ。男はつらいよファンは観るべし、です。

  • 3.0

    Junyaさん2020/06/06 08:07

    はじめて寅さんってもんをみた。
    面白いもんだ。
    古い作品だけに東京の昔ってやつを感じさせてくれる。こち亀を見てる気分。
    ストーリー的にはシンプルなものでそのテンプレを使ってシリーズを作っていく感じになると思う。

    倍賞千恵子がめっちゃキレイ。
    ここからのシリーズのからみかたが楽しみになる。
    毎回寅さんが恋する相手が楽しみになるのはわかる(´ω`)

  • 4.0

    yukoさん2020/06/05 00:21

    2020.3.1 Netflix

    外出自粛を機に、母と一緒に寅さんを最初から観ようということになった3月。
    シリーズ最初の頃は母が父と2人で観に行ってたそう。
    父との寅さん鑑賞は母から私にバトンが渡されてたのね。

    1969年に公開された1作目、もっと古くさい感じかと思ってたらとんでもない、新鮮な気持ちで楽しめた。
    お馴染みの衣装ではない寅さんとか、御前様にあんな綺麗な娘さんがいたこと(寅さんあえなく失恋)とか、博が北海道出身だったこととか、知らなかったこともたくさん。
    さくらが本当に可愛い。お見合いを寅さんにぶち壊しにされるシーンはホントいたたまれないけど、まぁ後に幸せが待ってるということで。

  • 4.0

    YoshikiNakamuraさん2020/05/31 22:24

    昔の作品だけど、なんか意外と昔も今も日本って変わってないんだなーと思う。ほのぼの。倍賞千恵子がびびるくらい綺麗。ストーリーの起伏はない、予定調和を楽しむ映画かなーいい意味で

  • 3.8

    atsushiさん2020/05/31 16:04

    2020/05/31 1回目
    【2020年173本目】
    寅さんデビューしました。
    泣きました。

    見事なパンズームの連続。
    パンズームの利点は、複数人を画角に収めた上で、ある人のアクションと、もう一人のリアクションをシームレスにワンショットに同居させることが出来るであると、今改めて感じた次第です。

    小津の笠智衆が凄く好みなのですが、山田洋次の笠智衆もこれはこれで好ましい。

    惚れた女にはめっぽう弱い寅さん、去り際の潔さに哀愁漂う背中。追っかけます。

  • 3.8

    skittiesさん2020/05/30 21:18

    初めて観た☺️
    寅さん、下品だしお調子者だしだめだめだけど、魅力的なキャラクターで憎めない。
    馴染みのない時代なのにすっと入ってくるし、昭和な雰囲気がどことなく懐かしい気持ちになる。
    50作、ゆっくり観ていこう。

  • 4.5

    uwiさん2020/05/25 18:33

    ついに足を突っ込んでしまった
    寅さんシリーズ第1話。
    とりあえず寅さんが思ってた以上にクソ野郎でびっくり!短気だし偏屈だし暴力的だしイメージと違いすぎやしませんか。
    なのにコロッと愛してしまう、これが人情ってやつなのかい…
    自粛生活で恋しいものが全部詰まっているんだな、こりゃ。あと49話も楽しめるなんて幸せだね〜

  • 4.5

    鷲尾翼さん2020/05/24 18:29

    【まとめシネマ】#216

    【まとめ】
    * 和文化とアメリカコメディの融合!
    * 強引な家族劇がGOOD!
    * 原点にしてトップクラスの出発点!

    「男はつらいよ」シリーズ1作目

    舞台の葛飾柴又の古き良き日本情景の中に、Mrビーンのようなアメリカンコメディの組み合わせが面白い!
    本作のコメディが渥美清演じる寅さんの江戸っ子な言動の中に文化やマナーを生かしたコメディがGOOD!例えば汁物をズルズル音を立てて飲んだり、お偉いさんの前で敬語無用で場を荒らすほど暴れっぷり!ここが世界に共通する邦画コメディ!

    「男はつらいよ」で欠かせない表現といえば「人情」
    昭和の日本情景から伝わる人情もあるが、登場人物から滲み出る江戸っ子人情が繰り広げるごちゃごちゃした家族劇がたまらない!特に、倍賞千恵子演じるさくらが寅さんに続く物語の主役なのだが、ある決断が本作で一番人情を感じる名シーン!

    僕は「男はつらいよ」シリーズは昨年公開された50作品目の最新作「おかえり寅さん」から知ったが、シリーズの中でもまず観なければいけない作品だと再確認!そして、やっぱり面白い!

  • 4.5

    sawakさん2020/05/21 22:03

    結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻の周りはクソだらけ。

    シネスコで見る江戸川の土手と寅さん、日本の原風景。夏。

  • 3.5

    よねこーさん2020/05/20 10:34

    白井聡の「武器としての資本論」で紹介されてたので見てみた。
    寅さんが理解できない若者が増えていると。

    なるほど思ったよりも階級意識の高さ。寅さんが流行りで言うと反知性主義の権化のような人物に見えてくる。
    昔はどこか憎めない、とされてほっこりしてたのも、今や社会の非寛容化、新自由主義に魂を売り渡した現代人には「なんなんこいつクズやんけ」になってしまうと。

    白井氏の本を読んだ時はまさかと思ったが、自分も見てて寅さんの傍若ぶりにイラッとするところが多く、現代人病だなと実感。コメディタッチでもやっぱり今の人には笑えないんじゃないかなぁ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す