お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第43作】男はつらいよ 寅次郎の休日

G

「ぼくの伯父さん」に次ぐ満男と泉の物語が展開されるシリーズ第43作。

美しい娘・泉が上京して来た。満男は心配と喜びで気が動転。別れて住む父親を引きもどしたいという切実な願いにさくら達は泉を父親探しの旅に送り出す。東京駅まで送るつもりの満男は泉と一緒に新幹線に乗ってしまう。母親の礼子は事情を聞いて困惑する。「すぐにでも追いかけましょう」。旅から帰ったばかりの寅さんは礼子と二人で後を追う。九州日田で父親を探しあてる泉だが相手の女性を垣間見てあきらめる。寅さんと礼子も日田で若い二人と落ち合う。四人で宿に泊まり家族と誤解されその気になる寅さん。翌朝二人の姿はない。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1990
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第43作】男はつらいよ 寅次郎の休日の評価・レビュー

3.6
観た人
1027
観たい人
134
  • 3.4

    tsumumikiさん2021/04/28 08:11

    前作の続編。幸せの定義について考える満男の呟きが印象的で、一緒に寅さんや自分の人生に同じ問いかけをした。いつの間にか寅さんが40歳過ぎていた事が殊更感慨深かった。

  • −−

    Lynnさん2021/04/13 09:29

    寅さんの出番が少ないのは悲しいけど。

    分かってないなぁ、うちの息子は。分かってないなぁ、かぁさんは。分かってないなぁ、父さんは。ってお互いに思いながら日々を過ごす。でもたまに分かち合える空間と瞬間が何故か愛おしい。
    えぇ家族像やなぁ、と。

  • 4.0

    hmsugaさん2021/03/28 17:29

    安定の寅さんシリーズ。
    よく出来た脚本とベタだけど面白過ぎる山田監督の演出が冴え渡ってました。
    前作より泉ちゃん(後藤久美子さん)が登場してより面白味が加わった。
    どちらかという主役は満男くんと泉ちゃんに移り変わったかんじ。
    夏木まりさんも良い味出してました。
    最新作(50)に繋がっている秀作。

  • 3.6

    かきつばたさん2021/03/25 11:46

    「困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ。おじさん、どっからでも飛んできてやるから。」

    お帰り寅さんでも使われていたセリフですがめちゃくちゃ心にしみますね。
    寅さんやったらホンマに来てくれそうです。

  • 4.2

    yunaさん2021/03/20 21:43

    大好きな男はつらいよシリーズ。満男が大学生の時の話。男はつらいよは順番に観ないのでどうしても満男の成長で時代背景を考えるというか(笑)
    やっぱり満男は寅さんの甥っ子ってだけあって、女の子にデレデレ。
    最後に満男が寅さんにセーターをプレゼントしたのがじーんときました。
    男はつらいよを観るといつも、現代やコロナの影響を受けた人間関係と”男はつらいよ”の世界の人間関係を対比してしまいます。
    どちらにも利点があるので何とも言えませんが、深く考えずに情で自分の行動を決めるという寅さんや満男の生き方を羨ましく感じてしまう現代っ子です。


  • 3.0

    落伍者さん2021/03/02 17:19

    普通、駆け落ちした父親を追いかけることなんてしないと思うが、まあ相手が寺尾聰だったらするのかも。寅さんは肝心なことは黙して語らない人間だが、満男のポエムがそれを補う。

  • 3.4

    millikさん2021/02/22 21:10

    泉ちゃん切ない。。
    寺尾聰と宮崎美子がいい。悪い人ではないけどふらっと妻を裏切ってしまったナイーブな父と、悪い人ではないむしろいい人な恋人という図が少しの登場で伝わる。
    泉ちゃんにぐっとくる回。

  • 3.5

    財前さん2021/02/21 00:34

    最後の満男の“幸せってなんだろう”が深い。

    山田洋次監督のこの頃から渥美清さんの衰えが目立つようになってきたって話を聞くと何だか元気がないように見えて寂しくなる。

    前作から続く満男と友達のお約束ギャグが笑える。

    【第43作】マドンナ:夏木マリ ゲスト:寺尾聰、宮崎美子

    〔BS録画:4Kデジタル修復版〕 

  • 2.2

    あおいさん2021/02/20 17:35

    恋を燃やせ、若人よ…

    満男の想い人が再登場。

    渥美清の体調もあって、あまり寅次郎の活躍はない。
    正直裏方に徹してくれた方が、イライラしなくて良いのですが、露骨に出演シーンが減ってました。

    今作は完全に、満男がポスト寅次郎として覚醒するお話。無鉄砲さに若さが出てますし、寅次郎とは世代がちゃうのでウザさはあまりないのですが、寅次郎教に上手い具合に染まっています。

    こんな状態やったのに、よく満男を持ち直したよなと感心。

    夏木マリとか、寺尾聰とかちょっと若かった。

  • 3.7

    広島カップさん2021/02/18 18:41

    「貧しいなぁ君達(さくらと博)は、ふた言めには金だ。カネなんかなくたっていいじゃないか美しい愛さえあればぁ」
    「お腹なんかすかない、絶対にすかない。美しい恋をしていれば一ヶ月くらい飯なんか食わなかったって平気だ!」

    こんな断定的なこと言うから伯父さんは満男に頼りにされるんだよな。本当に困った時に「こんな時伯父さんがいてくれたらなぁ」なんて言われるだよな。

    「満男。困ったことがあったら風に向かって俺の名前を呼べ。伯父さんどっからでも飛んで来てやっから。じゃあな」

    なぁんて別れ間際、京成電車のドアが閉まる寸前に満男に言う寅。
    あなたはウル寅マンですか?歯が浮くほど格好良すぎじゃないですか。
    (笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す