お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第7作】男はつらいよ 奮闘篇

G

寅さんと純真な少女の心のふれあいを綴ったシリーズ第7作。

越後から帰ってきた寅さんは、生みの母・菊が訪ねて来たことを知らされた。再会を拒みつつ、さくらに諭されて涙の親子対面。しかしそれも束の間、結婚話で親子喧嘩になってしまった。その後、寅さんは旅先の東海地方で津軽から紡績工場に出稼ぎにきている純真な少女・花子と出会った。数日後、柴又に戻った寅さんは、とらやで働いている花子を見て大喜び。そんなある日、突然花子が寅さんのお嫁さんになりたいと言い出し、とらやは天手古舞い。そこへ花子の身元引受人が花子を引き取りに来た。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1971
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第7作】男はつらいよ 奮闘篇の評価・レビュー

3.7
観た人
1558
観たい人
154
  • 3.7

    かすとり体力さん2021/05/09 08:00

    7作目。

    母親役のミヤコ蝶々が相変わらず凄い喋り。

    全体的に「無性の愛」のトーンに貫かれた温かい作品。軽度知的障害と思われるマドンナの描き方に時代を感じて若干ヒヤヒヤするものの、その温かいトーンで結果して救われている気がする。

    良かったです。

  • −−

    みやもとかえさん2021/05/08 13:45

    寅さん7

    今までの女の人の中で、1番寅さんにあってる気がした、、

    寅さんはめんどう見る側になった方がいいんじゃないか、とか思った、

  • 3.6

    tsumumikiさん2021/04/30 21:54

    今のご時世に観ると許されない人助けだが寅さんだからこそ。いつもとちょっと違うマドンナの扱いもよかったと思う。母親菊子の絡みも愛情が溢れている。

  • −−

    BARYTAさん2021/04/30 10:26

    サブタイトル通り奮闘する寅さんがただただ怪しく気持ち悪い回だったけど、諏訪家シーンに於ける博&さくらの演技はかなり面白く、観ていた妻と一緒にゲラゲラ笑ってしまった。

  • 3.7

    ばらもんさん2021/04/26 00:34

    Netflixにて鑑賞
    2021年 131本目

    寅から嫁を貰うと手紙を貰った母親、お菊はとらやを訪ねるが寅が未だに独り身で身勝手な行動をしていると怒る。これを聞いた居合わせた寅は柴又に戻って早々に出発し、旅先で普通の子より少し頭が弱い女性、花子に出会う。

    花子を想うばかりに心配事ばかり浮かんでくる寅さんが面白かったです。
    また、障害者であっても一人の人間としてちゃんと接する寅さんを見て自分も見習わなければいけないと感じました。

  • 2.6

    カーロフさん2021/04/14 13:58

    マドンナが足りん子(劇中内の表現)で
    驚きましたが、それ以外はいつもの寅さん。
    いつも以上に笑えるかも

    後半の西津軽の景色がとにかくイイ。

    先日亡くなった田中邦衛さん
    が出ててビックリしました








  • 4.1

    nagaoshanさん2021/04/03 10:41

    山田洋次監督作品!

    追悼。

    たくさんの作品に出演されて『北の国から』はもちろん子供の頃から何度も拝見してきました。
    味のある訛りの効いた北の男を演じさせたら特に素晴らしく黒澤明監督作品から本作山田監督にも愛された名優ですね。

    本作も青森の障害施設の先生を演じていますが、やはり東北訛りの効いた心優しい先生です。

    本当に寂しく思います。

    ありがとうございました。
    心よりご冥福をお祈りいたします

    合掌。

  • −−

    hiraさん2021/03/12 23:13

    『男はつらいよ』シリーズ視聴7作品目

    今回は、前の6作品よりも結婚に近づいたお話だった。
    最後は、大丈夫かなと心配する要素があったけれども、いつも通りのマイペースな寅さんで安心した

  • 3.6

    MAeKeNさん2021/03/09 17:57

    寅の母親のオキク、息子に会いに寅屋へ。

    ラーメン屋で1人の少女に出会う。
    別れ際、困ったら寅屋に行くように伝える。そして、寅屋を訪れ寅と再会するハナコ。

    隣の工場で働くことになるハナコ。
    次は御前様のいるお寺で、そして、結局寅屋へ。

    福士先生寅屋へ
    ハナコを連れて青森へ帰る。

    寅、津軽へ
    寅が心配になりさくらも津軽へ

    バスで会う2人。

  • 4.5

    ももがだいすきさん2021/02/16 14:41

    安定の出来ですね!
    今回の最後のバス、こないだの最後のトイレから出てきたのぼる。ほんとぜんぶがうれしく満ちる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す