お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第21作】男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく

G

夢や理想を貫いて生きるかどうかを問うシリーズ第21作。

とらやで後継者としての理想を調子にのって話す寅さんは、肥後の温泉場でも失恋男・留吉を励ましていた。しかし旅館の支払いができず、さくらに迎えに来てもらった。さすがに心を入れ替えとらやを手伝う寅さんだったが、さくらの同級生でSKD(松竹歌劇団)の花形スター・奈々子に一目惚れして、浅草国際劇場に通うのであった。そこへ失恋男・留吉が上京、彼もSKDの虜になり、そのまま浅草に居着いてしまった。しかし奈々子は、十年間付き合う男と結婚するか、舞台ひと筋に生きるかを悩んでいて、さくらに相談する。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1978
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第21作】男はつらいよ 寅次郎わが道をゆくの評価・レビュー

3.6
観た人
789
観たい人
103
  • 3.5

    なおスコア高めさん2020/05/31 00:49

    男はつらいよ21

    マドンナは木の実ナナさん
    SKD(松竹歌劇団)のスター女優!
    歌って踊って、華やかな舞台のセンターに立つ
    さくらの旧友で、寅さんのことをお兄ちゃんと呼ぶ
    寅さんは子どもの頃いじめたりからかっていた女の子に再会して惚れるパターンだな

    今回は舞台のシーンが多かった
    そして、若き武田鉄矢も出演
    出てくるとコメディっぽい音が流れて軽妙な感じ
    でも、今までで1番響かなかった回かなーというのが正直な感想だ
    なので寅さんを観ていて思うことを3つ

    オープニングテーマ曲の、
    めかた(体重)で男が売れるならこんな苦労はかけまいに♪
    を聞くたびに大好きなずんの世界観だな!と思う

    御前様は僧侶だった祖父にそっくりなのでいつも懐かしい

    みつお役の中村はやと君、あともう少しで交代になってしまうと知り、もうすでに寂しい

  • 3.6

    みやんさん2020/05/23 00:04

    21作目

    SKDって
    元祖AKBなんでしょうか?(笑)
    そのメンバーに
    木の実ナナさんって(笑)

    武田鉄矢さん
    こけ方上手いですね(笑)

    男はつらいよに出演される
    俳優さんにとっては
    大物俳優への
    登竜門だったのですね😁
    なんかそんな気がします🙏

  • 4.0

    miwonukuさん2020/05/10 12:56

    初めてちゃんとみた寅さん。こんなに面白いとは。。
    寅さんガキだし喧嘩ぱやいし不細工だよなあ。それなのに、お袋目線か放っておけないよ。。そういうことか、寅さん。
    武田鉄矢が田舎くさすぎポヨヨーンも、木の実ナナのセクシーなのにお口達者さも、さくらの優しさも全部最高!

  • 3.7

    モモモさん2020/05/07 20:47

    ここまで噛ませ犬扱いされちゃうと失恋にカウントするのも憚れますね…。
    博もこの前怒ったし、今回はさくらも愛想を尽かして寅さんを止めようとしないし、いよいよ限界か…?
    一応は「夢の中」という体だがメタ発言もアリなシリーズなんですね。

  • −−

    くららさん2020/05/02 21:04

    シリーズ21作目。
    ・見どころはキャラ濃すぎな失恋青年・武田鉄矢。間抜けなBGMと、「お前と木村の結婚式に肥たごほりこんだるけんね〜」等々の方言丸出しのセリフに爆笑。
    ・木の実ナナがセクシー。マドンナの中でも異彩を放つ存在。レビューのシーンがちょっと長め。さくらは昔レビューに憧れていたらしいが、倍賞千恵子はSKD出身者。
    ・ロケ地は熊本の田の原温泉や、大分の竹田など。

  • 3.3

    メタ壱さん2020/04/27 13:26

    男はつらいよシリーズ第21作目!

    さくらの友達に恋をする寅さん。
    そして、寅さんに負けないほどの失恋のプロ・留吉(武田鉄矢さん)も登場。

    78年の作品という事で、女性は夢か結婚かを選ばなければならないという当時の価値観が伺えるのも興味深いです。

    寅さんにとってのわが道っていうのは、真面目な生き方だとかヤクザな生き方そのものじゃなくて、その場のノリでコロコロ変わる生き方こそが寅さんにとってのわが道なんだろうな(笑)

  • 5.0

    革靴親父さん2020/04/13 16:05

    〜マドンナ〜
    ●紅奈々子(木の実ナナ)

    〜旅〜
    ● 大分県 玖珠郡 南山田村 菅原 麻生釣駅/ホームで寅さんが寝ている
    ● 熊本県 阿蘇市 阿蘇大観峰/草原を旅する寅さん
    ● 大分県 竹田市 広瀬神社/啖呵売
    ● 熊本県 上益城郡 矢部町(現・山都町)/通潤橋(日本初のアーチ式水道橋)を寅さんが渡る
    ● 熊本県 阿蘇郡 南小国町 田の原温泉 大朗館/寅さんが逗留する
    ● 熊本県 阿蘇郡 小国町 阿弥陀杉(国の天然記念物・樹齢1200年)/寅さん、留吉に声をかける
    ● 東京都 台東区 浅草国際劇場/さくら楽屋に奈々子を訪ねる
    ● 熊本県 阿蘇郡 小国町・杖立温泉。日田からさくらがバスに乗って到着、留吉の迎えを受ける
    ● 東京都 台東区 浅草六区映画街東京クラブ裏/寅さんが布地を啖呵売
    ● 熊本県 阿蘇郡 南小国町 田の原温泉/留吉の前に、寅さん再び現れる

  • 2.0

    らぱしおんさん2020/03/14 03:20

    昭和53年夏。ピンクレディーのUFOの大ヒット。宝塚はまだあるのにSKDはもうない。国際劇場ももちろんない。「俺だったら踊りをやめろとは言わない」というラストの寅さんの呟きがたまらない。21作目だから、寅さんの振られ方も堂に入ってきた。カッコいい。

  • 3.1

    yusukepacinoさん2020/03/09 01:22

    シリーズ21作目。マドンナは木の実ナナ。さらに武田鉄矢も共演。SKDのレビューがいいね。でも前作でも感じたがこれも何か違うんだよな。

  • 3.5

    chaoshin1さん2020/02/20 21:50

    今まで一番の導入
    寅さんシルバーラメコスチューム
    UFOがハット
    乗組員がサルワク笑
    キノミナナ笑
    寅次郎、初めて団子屋を手伝う笑
    武田鉄矢さん結構イイ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す