お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第2作】続・男はつらいよ

G

松竹金曜映画ナビ男はつらいよシリーズキャンペーン!

対象の単品作品が1本レンタルが【高画質】、【標準画質】共に価格110円(税込)でご利用頂けます。(お一人様何度でもご利用頂け ます。)

SALE期間:

あと11

2022/01/31 14:59まで

寅さんが生みの母と再会する爆笑と感動のシリーズ第2作。

恩師・坪内先生を訪ねてすっかり意気投合の寅さんは、どんちゃん騒ぎで腹痛をおこして入院する始末。そんな寅さんは先生の愛娘・夏子に看病されたことからすっかりゾッコン。でも病院を抜け出し喧嘩騒ぎまで起こして、やむなく柴又から京都へ。そこで夏子と再会し、一緒に付き添われて生みの母・菊に会いに行くが、冷たい再会で無惨にも打ち砕かれた。その想いを夏子への恋で忘れようとするが、坪内先生の突然の死・・・。そしてその葬儀の席で夏子と医者・藤村との親密な関係を見てしまう。

お得なパック(2)

詳細情報

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
SALE330 110
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
SALE440 110
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第2作】続・男はつらいよの評価・レビュー

3.8
観た人
2968
観たい人
279
  • 5.0

    kazumaさん2022/01/19 11:27

    Netflixって怖いね
    寅さんシリーズが連続になってて
    ドラマ感覚で次が始まるという

    もう一本見ちゃいました笑笑

  • 5.0

    小月さん2022/01/17 20:33

    散歩先生の娘と寅さん。
    寅さんのお母さん登場。静かなひうじゃなくて、うるさいほうだったオチが最高。
    お味噌ならはなまるき、おかあちゃーーん で大爆笑。

    2話目も最高でした。

  • 3.8

    Thomasさん2022/01/11 11:02

    「男はつらいよ」シリーズ第2作。
    寅年の2022年は、シリーズ全作を鑑賞しようと決意も、どうやら2017年にも同様の事を考えていて1作目だけ鑑賞していたみたい。
    令和の今には希薄になっている人情模様が心に響く。
    今作のマドンナである夏子を演じる佐藤オリエは純朴そうな昭和の女性が滲み出ている。
    藤村先生役の山崎努は男前だが、当時32,3とは思えないほど老けているように見えてしまう。

  • 4.0

    メガネ坊主さん2022/01/10 17:48

    寅さん2週目の2作目!
    よく練られてる脚本。寅さんの小ボケとかも名人芸過ぎる!
    そしてしっかりとした王道のフラれ落ち😂
    顔で笑って心で泣く!粋なラストも最高!

  • 3.6

    bohibunさん2022/01/09 00:58

    2作目。ラスト前の悲しむ寅さんがらしさある展開だったが、母とのやり取りが残されており温まった。1作目より寅さんに慣れてきた感ありで、今後が楽しみ。江戸川でウナギ釣ってみたいものです。

  • 4.0

    むぎさん2022/01/07 01:19

    今更ながらどハマり。
    大好きな柴又が舞台で、
    尊敬する山田洋次監督の作品。

    寅さんの憎めない愛おしいキャラクターが
    すごくいい。
    当たり前だけど、面白い。いやー面白い。
    脚本と、役者の掛け合いが上手い。
    そしてナチュラル。

    芝居と台詞の熱量がちょうどいい。
    バランスがいい。

  • −−

    マサミチさん2022/01/05 20:37

    このシリーズ第2作目はなかなかドラマチックな展開で、これだけ内容が詰まって尺が93分と山田洋次監督の職人芸を堪能できる。

    瞼の母を思わせるシリーズお馴染みの夢の場面から始まり、寅さんが幼い頃に世話になった坪内先生(東野英治郎)との再会、さらに幼馴染であるその娘(佐藤オリエ)に惚れてしまうとゆう、長期シリーズの雛形がこの作品で完成する。

    最初に寅さんが実の母と勘違いする風見章子の贅沢な使い方には驚かされるが、本当の実母のミヤコ蝶々と渥美清の丁々発止の絡みは本作屈指の見所であり、その芸の応酬に唸らされる。

    それでもシリーズの定番シーンはまだ完成してないのが逆に新鮮で、タコ社長とのとら屋でのケンカシーンも見られない。

    当初は小津映画を否定していたと云う山田洋次監督だが、東野英治郎と佐藤オリエの父と娘の関係性なんか見ていると相当この頃から小津映画からの影響を受けているように感じて興味深い。

  • 4.2

    裕次郎さん2022/01/04 18:43

    寅年なのでチョイス。

    シリアスな場面もほどほどにテンポよく切り替えていく演出のうまさ。

    月並みな映画なら母との確執をくどくど描くところだけど、最小限の描写で、最後は鮮やかに着地させる。

    佐藤オリエの純心な感じがマドンナにピッタリ。

  • 3.5

    donguriさん2022/01/02 20:02

    69年のシリーズ2作目。
    新年ということで寅さん鑑賞。

    今作では……えっ?こっち???
    という母との再会がありました 笑
    そして、今回の失恋は観ているこちらも辛かった…涙

    2作目もかなり面白かったし、昭和レトロな雰囲気は味があって良いですね。

    今年は邦画も色々観てみようと思い、世界の黒沢監督の大名作「七人の侍」を今日見始めましたが、あっさり挫折しました…笑
    また気合い入れて再チャレンジします!

  • 3.5

    Hirokingさん2022/01/01 11:11

    〖1960年代映画:男はつらいよ〗
    2022年最初の作品は、やっぱり寅さんから😆

    1969年製作で、男はつらいよシリーズ第2作‼️
    ヒロインは、佐藤オリエ❗さらに、寅さんの瞼の母も登場‼️
    やっぱり素晴らしい作品でした😆

    2022年1本目

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました