お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第42作】男はつらいよ ぼくの伯父さん

G

寅さんが自分の息子のように甥・満男の初恋を見つめ、共に苦しむシリーズ第42作。

さくらの一人息子・満男は大学受験に失敗。後輩の美女・泉から来た手紙の内容も悩み多い季節である。寅さんが久し振りに柴又へ帰って来る。さくらは兄に満男の悩みを聞いてやってくれと頼む。満男を連れて飲屋に行くがまず酒の飲み方から教える始末。満男も泉への恋を告白するとすっかり楽になり二人とも飲み過ぎて付け馬がついて帰宅。叱られて満男はバイクで泉のいる佐賀へ向かう。寅さんもさくら一家ときまずくなり九州へ旅に出る。佐賀の安宿で偶然二人は出会う。甥の恋を応援すべく泉の寄宿先を訪ねるとそこには美人の叔母さんがいて寅さんを迎える。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1989
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第42作】男はつらいよ ぼくの伯父さんの評価・レビュー

3.7
観た人
972
観たい人
137
  • 3.0

    朔太郎さん2020/06/06 16:35

    渥美清さん晩年のシリーズ第一弾とも言えるのでしょうか。
    体調に不安を持っていた寅さんの出演シーンを極力抑える工夫がされて制作されるようになったと聞きます。
    でも、観賞後の感想に違和感は無く、ちゃんと「男はつらいよ」でしたよ。
    今回は寅さんシリーズの魅力の一つである「旅情」の部分を満男のロードムービーで魅せてもらえました。私が車もバイクも好きなので「旅に出たくなる度」の高い作品でしたね(笑)

  • 3.6

    hさん2020/06/01 00:46

    流行りのJ-POPをBGに、満男が高速でバイクを走らせる数カットで、「男はつらいよ」が次(つまり最後)の段階に入ったことを確信した。

  • −−

    ひさとさん2020/05/31 13:16

    今回の主役は、ぼくの祖父さん の通りみつお。
    浪人するも旅行に行きたいというみつおに対しさくらや博の反対が喧嘩となり、旅へ出たみつお。
    バイクで旅するロードムービーとなっていた、先ではバイクを滑らせた所を助けてもらった男にキスを迫られるなどなど、をして恋相手の家へ着く。
    ぶら下がっている柿の取り方、食べる〜?なんて枝付きの柿を差し出すところは新鮮さに満ちていて、少しドギッとしてしまった。

    いい回だ。。

  • 3.9

    モモモさん2020/05/26 18:33

    本格的に「寅さんと満男」を主人公していく1作目が本作なのだろうか。
    未成年にお酒飲ませていいのか…寛容な時代だなぁ…とヘラヘラしていた所に博ブチギレビンタが飛び込んできたので僕も思わず膝を正してしまいましたね…。
    「父親が怒って家の雰囲気が最悪になる」空気感を「男はつらいよ」で体感出来るとは思わなかった。
    あの寅さんでさえビンタにより空気が一瞬で切り替わった事を察して驚いていた様は面白かったが。
    すっかり恋愛パートも満男に取られてしまった寅さんだが「最高の伯父さん」という新たな魅力を得たので魅力はむしろ増しただろう。
    大人気なく怒鳴る事はしないがだからと言って我慢する事も無く静かに甥を肯定する姿に心を掴まれた。
    とらやで寅さんが団欒しなかった初めての作品だろうか…?
    満男を迎えて多人数で明るく過ごすとらやと旅先の寒空の下電話する寅さんの対比がとても良かった。

  • 4.1

    ともんともんさん2020/05/19 00:31

    あ〜
    滲みるな〜
    セリフも、表情も、イントネーションも、音楽も全部滲みる
    みつお、情けない感じなのに、節々にカッコ良さが滲み出て、泉ちゃんが好きになる気持ちがすごくわかる

    寅さん全部観たいなぁ

  • 4.0

    伏見ヨシオさんさん2020/05/04 04:28

    車寅次郎さんの甥っ子の満男くんが片思い中のゴクミは家庭の事情で佐賀まで引っ越してしまったので、ムラムラが抑えきれない満男くんは親に黙ってオートバイでイキりに行く

    一作目のクソ自己中野郎から比べたら、めちゃくちゃ気遣いのできるオジちゃまに大変身していた!(2〜41作未見)

  • 4.5

    月蝕さん2020/05/03 19:01

    日曜日の午後4時、床に座って鑑賞。
    すみれを食べながら見た。
    いつもはお湯〜分をガン無視して作る私だけど、流石に今朝の伸びきった一平ちゃんに懲りて今回はしっかり4分きっかり4分計りました
    カップラーメンは時間通りに作るとこんな美味いもんかね……、作ってんの誰なん?みんな天才かよ
    そういえば書くのを忘れていたのだけれど、最近私が食べている簡易調理食品らは全てパパが金曜日に買ってきてくれたもので、前回の帰省で忘れた生徒証を届けに来てくれたのだけれど、明日から寮食が休みだと言ったら大量に買い込んで来てくれたのだ……パパもママも本当に甘いよね……、ありがたすぎる、ありがとう
    なんか最近本当にあったかいし、日が長くなってきたね……、穏やかだなあ

    さくら(倍賞千恵子)の一人息子・満男(吉岡秀隆)は大学受験に失敗。後輩の美女・泉(後藤久美子)から来た手紙の内容も悩み多い季節である。寅さん(渥美清)が久し振りに柴又へ帰って来る。さくらは兄に満男の悩みを聞いてやってくれと頼む。満男を連れて飲屋に行くがまず酒の飲み方から教える始末。満男も泉への恋を告白するとすっかり楽になり二人とも飲み過ぎて付け馬がついて帰宅。叱られて満男はバイクで泉のいる佐賀へ向かう。寅さんもさくら一家ときまずくなり九州へ旅に出る。佐賀の安宿で偶然二人は出会う。甥の恋を応援すべく泉の寄宿先を訪ねるとそこには美人の叔母さんがいて寅さんを迎える。

    ストーリーに分かりやすい一本筋があって見やすいし、そんなに起伏がある訳じゃないんだけど、不思議と見られるというか……
    夕暮れの商店街であったり、ノスタルジックな古き良き日本の優しさが染み渡る映画

    これが私にとっての初寅さん!
    私はほとんど洋画メインで見ているのだけれど、これが日本映画の良さか……。
    凄い、情緒が段違いだな

    一本締めで和解するのあったかすぎて物理的に胸があったかくなった気がした

    昔の人って言葉綺麗だなあ
    満男くんバチバチに反抗期なのに言葉は可愛いの泣いちゃうな

    倍賞千恵子さんめっちゃ声綺麗だね……
    ソフィの声って彼女の声まんまだったのね

    頭のよくなる機械というバカ全開ワード

    「おかえんなさい」
    って言うのめっちゃいいよね……

    美しい人を美しく思う気持ち

    「自分を醜いと知った人間は、決しても醜くねぇ」

    「あんとき、ここで寝技になっただろ?俺はぐぅっ、って必死なんだけど、あいつは明らかに手加減してるんだよ」

    親不"考"

    でも百夜通い伝説って悲しい話じゃなかったっけ……
    寅さんはハッピーエンドで覚えてるんだね
    あかつきの 榻の端書き 百夜書き
    君の来ぬ夜は 我ぞ数書く

    「軽いノリで……、……軽いノリでさ
    軽いノリでアイラブユー」

    逢うは別れの始め



    *****



    <酒の呑み方>

    1.まず、片手に盃を持つ。
    2.酒の香りを嗅ぐ。酒の匂いが鼻の芯につぃっ……、と染み通った頃、徐ろに一口呑む。
    さぁ、お酒が入っていきますよ、ということを五臓六腑に知らせてやる。
    3.そこでここに出ている突き出し。これを舌の上にちょこっ……、と載せる。これで酒の足がぐうん、っと良くなる。
    4.それから、ちひり、ちびり……。段々酒の酔いが体に染み通っていく。

    ⚠駆けてきてサイダーみたいに飲むと胃がびっくりする
    ㌽お世辞を言っておくと後でサービスが良くなる

  • 3.9

    よーへーさん2020/04/30 20:58

    個人的寅さん8作目。
    そして満男がメインに切り替わる42作目。

    おじさんとしての寅さんもすごくステキ。
    若者にいいアドバイスとおせっかい。
    こんなおじが欲しかった、、、
    にしてもみんな年をとったなあ

    「旅をすれば人間誰でも賢くなる。」

  • 4.0

    m0jrさん2020/04/27 16:26

    思春期の満男を見守る家族と柴又の人たちが暖かすぎる。満男さんは恵まれているのよ、
    親切だと思ってたライダーの笹野さん面白かったなあ。

  • 2.6

    にこぷーさん2020/04/22 17:43

    何度目の鑑賞だろうか、放送されてるとつい見てしまう。男はつらいよで主役が満男にバトンタッチする回。この頃から渥美清さんの顔色悪く長ゼリフも少なくなってくる。お節介寅さんも円熟期になり、人生の先輩として自分より満男をフォロー。そー観ると感慨深い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す