お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第8作】男はつらいよ 寅次郎恋歌

G

運命的な愛情のありかた、深さを描くシリーズ第8作。

博の母が危篤との報せで博、さくらは岡山へ急いだ。葬式の後、博の父・一郎を励まし戻ってきた寅さんだったが、逆に一郎に家庭を持つ人間らしい生活をするようにと諭された。秋も深まり、とらやへ近くのコーヒー店主人・貴子が挨拶に来た。その日、偶然寅さんが帰ってきて、皆の予想通りに貴子に心を奪われる。貴子には小学校3年生で学校に馴染めない息子がいたが、寅さんの出現ですっかり明るくなった。貴子の感謝で寅さんの思募はますます高まったが、寅さんは潮時を考え、荷物をまとめて出ていった。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1971
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第8作】男はつらいよ 寅次郎恋歌の評価・レビュー

3.8
観た人
1132
観たい人
120
  • 3.7

    oooさん2020/06/06 21:42

    「あんまり勉強しないと寅さんみたいになっちゃうよ」と子供を叱るご近所の八百屋さんの言葉に涙するさくら....笑っちゃいけないところだけど、笑えてしまうおじちゃんのだんご屋シーン。
    「まくら。さくらをとってくれ」のいつもの台詞もあった。そして、さくらの歌声が染みる....


    マドンナを見せないようにする・真剣に悩むみんなが面白い(笑)

    「コーシー」
    「きっちゃてん(喫茶店)」と言う寅さん。
    ・ぺこぺ〜ぽんぽんっ♪って何の歌?笑
    ・花占いとかしちゃう寅さん。
    小学生まなぶの友達づくりに
    協力する寅さん😊
    そして今回は振り振られではない寅さん。


    博の父、一郎さんの言葉どっしりくる。
    りんどうの花。灯のついた茶の間。
    にぎやかに食事をする家族。
    人は絶対にひとりじゃ生きていけない。
    人間は人間の運命に逆らっちゃいかん。

  • 4.0

    momoさん2020/06/06 17:28

     
    子供達と全力で遊ぶやんちゃな寅さん♪😆そしてバックにはクラシック♫
    何とも楽しいシーンです!

    森川信さんのおいちゃん、
    本作でさよならだなんてね😢
    でもまた会いたいから、
    何度でも観させてもらいますね😃

  • 4.2

    こじさん2020/06/04 23:40

    第八作目

    志村喬の存在が締まる。

    さくらのリアクションがおもしろい。

    笑いと人情のバランス、移行具合が絶妙。

    寅さんの自ら身を引く美学に痺れる。

    ※竜胆の花のエピソードの回

  • 4.0

    ももさん2020/06/02 07:28



    第1話の結婚式でも凄かった博父の存在感と論理的な言葉の破壊力。博父のリンドウの想い出話がいつからか寅さん本人の運命まで変えていく。妻が亡くなって、自分で買い物に行くようになる不慣れな様子の博父に子供のように付いていく寅さん。このコンビがなかなかいい。

    お葬式で賭場の真似事をしたり、お寺の境内で花占いしたり、江戸川の土手で子供達と給食を食べたり、寅さんにほっこりさせられるシーンとギャグがふんだんに盛り込まれてて愉快でおセンチな回。

  • 3.5

    落伍者さん2020/06/01 22:16

    1作目のさくらの勤める会社にやくざな格好でやってくる寅も相当嫌だったが、今作の博の母親の葬式に参列するためにさくらが馴染みの無い土地へ行くと、喪服も着ない兄が焼香しに来るシチュエーションも、嫌すぎて笑えてくる。

  • 3.9

    filmtravelerさん2020/05/31 22:30

    山田洋次
    池内淳子
    備中高梁市(たかはし)
    酔って仲間を連れてさくらに歌を歌わせる。
    博の母葬儀、父志村喬の竜胆の話
    失恋理由
    身を固めたい寅、寅の気ままな生き方を羨む発言で寅の気持ちをかわす池内淳子。お金に苦労している彼女が寅に相談しないことで彼女の思いを察し、されたところで、解決する財力のない自分の非力を認めざるを得なかった。

    歌:霧島昇
    作詞:西條八十
    作曲:古賀政男

    花摘む野辺に 日は落ちて
    みんなで肩を組ながら
    唄をうたった 帰りみち
    幼馴染の あの友この友
    ああああ 誰か故郷を想わざる

    ひとりの姉が 嫁ぐ夜に
    小川の岸で さみしさに
    泣いた涙の なつかしさ
    幼馴染の あの山この山
    ああああ 誰か故郷を想わざる

    都に雨の 降る夜は
    涙に胸もしめりがち
    遠く呼ぶのは 誰の声
    幼馴染の あの夢この夢
    ああああ 誰か故郷を想わざるわ

  • 2.6

    あおりんくんさん2020/05/31 18:37

    父が大学生だからわかるだろうと薦めてくれた作品でしたが、僕はアホの子でした
    いつ盛り上がるのか待ってたら終わっちゃう気がしたけど、それが昔の日本映画のスタイルで、楽しめないのは教養と経験が足りないからなんでしょうね
    初めて見た寅さんでしたが、日替わりマドンナと寅さんの恋を描き、最後は感動の涙ってイメージが、小ネタを挟みつつ寅さん周りの人間関係を描き、あまり恋の進展に重点を置いた作品ではないのだと感じるようになりました
    欲のないお母さんは幸せだったか否かの議論は引き込まれましたが、あまり高いスコアを付けられなかったので、大学卒業までに作品の意図を理解できるようになりたいです

  • 3.5

    ゆっきさん2020/05/31 16:21

    寅さんに変化が。
    喫茶店よマドンナに心を寄せるも、今回は自ら潮時と感じて旅にでてしまう。この回から、寅さん人助けシリーズに。

  • 3.5

    TakayukiMonjiさん2020/05/31 01:01

    シリーズ8作目。
    博のお母さんが亡くなり、1作目ぶりに志村喬が登場。
    寅さんがいつにもまして、随所でイライラさせるほどのボケっぷりを発揮していくし、人の薀蓄をさも自分の言葉のように語ったり、寅さんはコテコテでボケてるんだけど、憎めないわ。
    マドンナとのやり取りはいつもと違う展開⁈
    池内淳子とも家族談話でしみじみ。フーテン暮らしのやり取りをするも、、、寅さんの引き際が沁みる。

  • 3.2

    カカオさん2020/05/30 23:09

    国民的人気シリーズ第8弾

    ⚪座長と一座の娘
    ⚪さくら、兄思いの涙
    ⚪さくら、哀しい唱歌
    ⚪ヒロシ、母の葬儀
    ⚪女の幸せの考え方
    ⚪ヒロシの父を訪問
    ⚪リンドウの花
    ⚪人間の生活
    ⚪喫茶店のマドンナ
    ⚪小3の友だちづくりのお手伝い
    ⚪旅暮らしを羨ましむマドンナ
    ⚪今回は自ら身を引く寅次郎

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す