お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第3作】男はつらいよ フーテンの寅

G

監督を森﨑東が担当したシリーズ第3作。

お見合いを承諾した寅さんが相手の女性に逢ってびっくり、知り合いの旅館の従業員・駒子だった。駒子が恋人の腹いせに見合いをしたことを知った寅さんは二人の間を取り持ち、結婚式を挙げさせた。それから一ヶ月、湯の山温泉で旅館の番頭をやっていた寅さんは、旅館の経営をいっさい切り盛りしている未亡人・お志津に淡い慕情を寄せていた。そのお志津のために、お志津の弟・信夫と芸者・染奴の間も取り持った。しかし、お志津には心に決めた人がいることを知らされ失恋してしまう。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1970
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第3作】男はつらいよ フーテンの寅の評価・レビュー

3.6
観た人
2125
観たい人
214
  • 4.0

    aさん2021/05/09 11:53

    3作目。
    旅館のおかみさんに一目惚れして番頭として住み着いちゃう寅さん。

    人の幸せを願っていることは確かなんだけど、本当にバカだから話が通じない。帰る家があるからこそ自由に旅ができるんだよね。
    わずかなシーンしかでてないけどさくらがただただ優しい。

  • 3.5

    Shoさん2021/05/04 23:08

    3作目!!
    寅さん今作も色々やらかしたね〜

    カッコつけてもカッコつけれないところが寅さんだねえ〜ばかだねえ〜

    おいちゃん、旅先の旅館で出くわすなんて笑っちゃうわ笑笑

  • 3.4

    junistoosexyさん2021/05/02 14:49

    寅さん、盛大に先走り勘違い失恋。
    他人の結婚式であれだけ散財させたらおいちゃんも怒るわ。
    それにしてもさくらちゃん出番少な過ぎる。

  • 2.8

    ナーシサス次元から来た猫さん2021/04/29 13:53

    昭和のノリが色々辛い…
    半世紀前だもんな…
    寅さんが立て板に水を流すように仁義を切るシーンは見ものでした。
    個人的には初期の寅さんは普通に迷惑すぎてムリ笑

  • 4.2

    エリックさん2021/04/23 23:27

    寅さん 第3作

    山田洋次監督の寅さん見慣れてると、あれこれは?って感じの作品です。
    監督が違うとこうも全体のテイストが違うんですね。
    カメラアングルは対象を引きつけて、下から見上げて臨場感出すのが多いし。
    会話も直裁的で躍動感あるし。

    山田洋次監督の寅さんシリーズはそれはそれで一つの世界作ってるんだけど、この森崎監督の寅さんシリーズもあるかなって思わせてくれました。
    森崎監督が48作撮ったらどんな感じか楽しみ。
    広重の東海道五十三次、定番の保永堂版に対する隷書版みたいな感じかなぁ。

    山田寅さんも好きだけど、森崎寅さん、結構好きでした。
    森崎監督のリリーシリーズ、観てみたいなあ。

    香山美子さん、あこがれの女優さんでした。
    これに出てるの知りませんでした。美しい!

  • 2.5

    サビさん2021/04/10 22:23

    シリーズの後半の方ばっかり見てたから、寅さんがたくさん出てくるの嬉しい。
    最後のこたつで年越しそば食べるシーンいいなあ。

  • 3.7

    かすとり体力さん2021/04/08 12:25

    「男はつらいよ」3作目。

    山田洋二監督ではないのもあり、なかなかの異色作品。

    というのも、シリーズ恒例「とらや」での家族のアットホームな掛け合いが鳴りを潜め、
    寅さんの渡世人としての側面に強くスポットが当てられているという。

    これはこれで、新鮮で面白かった。

    あと、芸者の女優さんが美しすぎる。

  • 3.0

    上旬さん2021/04/06 22:52

    男はつらいよシリーズ3作目
    監督は森崎東に交代した。

    これはあまり…それでも次の『新・男はつらいよ』よりはいいかな。

    前半はまだ山田洋次テイストを引き継いでいるものの、後半はちょっと急展開すぎないか。

    山田洋次らしい笑いの中の哀しみ、哀しみの中の可笑しさという絶妙なバランスが崩れてしまった印象。

  • 3.6

    ばらもんさん2021/03/25 23:32

    Netflixにて鑑賞
    2021年 106本目

    久しぶりに柴又に帰郷した寅さんの元に縁談が待っていた。しかし相手は寅さんの旧友で旦那持ちであった。縁談相手は夫の浮気が原因での縁談であった為寅さんはその二人の仲を取り持つことになる。

    いもしない妻や子供の話をするなど今作以前よりも意地っ張りな寅さんの姿が多く見ることのできる作品になっていました。

    叔父さん叔母さんが旅先の旅館で寅さんに会うというフラグをビンビンに立てて話が展開していくところがとても滑稽で面白かったです。

  • 3.5

    lagさん2021/03/22 18:20

    嘘の家族構成。縁談相手は見知った酒飲み妊婦。コートとネクタイ。金遣いの荒い義兄を殴って投げ飛ばす。旅館の女将とインテリの弟。年またぎ中継。くそだらけを合唱。見えない炬燵の中。少し慌ただしくあっさりで音楽は神出鬼没。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す