お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第24作】男はつらいよ 寅次郎春の夢

G

トラヤにアメリカから商売に来た外人が下宿する奇想天外なシリーズ第24作。

お土産の葡萄や千葉の虎騒動の件で怒って出ていった寅さんが再びとらやに戻ると、何とアメリカ人・マイケルが下宿していた。露骨に嫌悪感を表すが、英語塾の先生・めぐみとその母・圭子が訪れるとまた例の病いが始まる始末。ビタミン剤のセールスが日本でうまくいかないマイケルは、さくらの優しさに感動し、さくらの頬にキスしてしまった。それを寅さんが見て大喧嘩、そこで初めて寅さんがさくらの兄と知り二人は仲直りした。しかし、さくらに熱い想いを寄せるマイケルは「アイ・ラブ・ユー」と愛を告白する。

お得なパック(2)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第24作】男はつらいよ 寅次郎春の夢の評価・レビュー

3.6
観た人
968
観たい人
134
  • 4.2

    はらっぱさんさん2021/04/11 00:56

    最近気分が優れないので 寅さんに癒しを求めてみました
    いつものワンパターンとはちょっと違う展開でも やっぱり寅さんは寅さんだった
    この時代 みつおはまだ純くんじゃなかったね

  • 3.3

    millikさん2021/04/07 10:41

    アメリカ版の寅さん、マイコが登場。格好から喋り口からいちいち寅だから笑う。こちらをちょっと切なくさせるところも同じ。
    香川京子の妙齢の美しさにはため息が出るくらい。。外見も中身も完璧なこの手のタイプは、寅さんにはオチないだろうなー。。

  • 3.6

    masa1さん2021/03/21 20:36

    第24作

    【男はつらいよ 寅次郎春の夢】

    マドンナ香川美子。あの当時この人は地味な女優さんだと思ってたけど黒澤明作品によく出てていい演技してて見直したところだった。

    今回は明るく爽やか。寅さんメロメロ。ここしばらくは子連れでも惚れる。
    案の定ふられて旅に出るルーティン健在。
    和歌山、京都のロケも良かった〜

    そしてなんと言っても久しぶりにサクラが寅さんを注意なだめるシーンが有った。注意しながらエプロンで寅さんの手を拭いてあげる。この優しいシーンが大好きだけどしばらく無くて物足りなくて、今回はハッとするほど嬉しかった。

  • 3.7

    タナキクさん2021/03/14 22:01

    今作は寅さんとマイコの凸凹日米コンビを楽しませてもらいました。
    言葉にせずとも相手の気持ちを察する、という日本独特の美徳も今はなかなか見れないですがこれはこれで良いもんだな、と思いました。
    マイコ帰国後のラストシーンにも笑えました。いつもとは違う展開でしたがやはり安定の寅さん、今作も楽しかったです。

  • 3.7

    Ghassoulさん2021/03/06 03:25

    いや、ひでえなw
    今だったら絶対放送出来ないであろうコンプラかましまくりの寅さん。
    まあでも寅さんはそうでなくちゃいけない。何も気にせず思ったことはズケズケと吐き出してくれないとおもしろくないからこれでよい。
    最後はなんだかんだで友情芽生えてたし。

    寅さんってかっこよくていい所もあるけど、まあまあクズな所もあるからな。そこを忘れてはいけない、それが寅さんの面白さなんだから。

    にしてもマイコさん、人妻を好きになるなんて…
    分かるよ、そりゃさくらは誰でも好きになっちゃうよ。あんな女神のような人そうそうお目にかかれないからね!

  • 4.2

    魂のアソコ監督さそりさん2021/02/15 22:27

    ゴジラ対キングコングだな。
    見る前はアメリカ版寅さんと寅さんの対決なんて地雷臭しかしなくてスルーしてたけど、見たらとんでもない佳作だった!
    アメリカ人と日本人の恋愛観の違いを判りやすく描いてる。
    そして日本人の外人差別とアメリカ人の日本人差別もさりげなくリアルに描かれてる。
    寅さんがアメリカ嫌いというのが黒船というのが爆笑!流石に太平洋戦争や原爆は生々し過ぎただろうね。
    特にさくらに惚れたマイケルが準レギュラーの吉田義夫座長の大衆演劇の蝶々夫人見て、さくらと自分を妄想するシーンはシリーズ屈指の名場面だ!
    倍賞千恵子は松竹歌劇団だけあって、オペラも見事!
    その後の振られた寅さんがマイケルに自分を重ね合わせて、そんな非常識も怒らずに博には絶対言うなよって心遣いが見事!
    香川京子も美しい。
    番外編の様なしみじみとした名作。
    ちょっとスケアクロウみたいだな。脚本は太陽を盗んだ男のレナードシュレイダー!
    ハーブエゼルマンが好演!殿山泰司がいい!

  • 3.0

    SowkiOKAさん2021/02/15 02:45

    コンプラコンプラなんて吐きやがってよ!友好ってのはな、皮肉も御託も引っくるめて飲み込んだ後に出来上がるもんなんだよ!嫌味の一つも言えねぇでこさえた友情なんてよ、上っ面をチョイチョイと整えて有りもしねぇ気持ちを大きく見せようとしただけの、衣の分厚いテンプラと同じジャねぇか!

  • −−

    いどさん2021/02/14 21:43

    内容的にはすごく面白いんだけど、今じゃちょっと放送できるか際どいな。
    人種差別とか、ステレオタイプなレッテル貼りとか際どい。

    でも悪意があるわけではないし、難しい。
    そして粋がきいてて面白いんだよな。

  • 4.0

    mooomiiiiinさん2021/02/13 14:05

    24作目!
    外国人マイコさんと会話する寅さん。梅干し食べさせて喧嘩は笑った。さくらが狼狽えるシーンはよかった。最後の別れ際も人情があって好きでした。

  • 3.7

    skittiesさん2021/02/03 07:47

    男はつらいよシリーズ第24作目。ようやく、折り返し地点。
    アメリカ人マイコさん、とらやにやってくる。
    まだまだ外国人が物珍しい時代だったんだなあ、と思ったのと同時に、これ程までの国民的映画に人種差別的要素を入れ込むことに驚いた。
    マイコさんの印象が強すぎてヒロインの描写が弱く感じた。
    今回は、さくらが主役みたい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す