お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第40作】男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

G

短歌集「サラダ記念日」をもとに短歌文学の香り豊かなシリーズ第40作。

初秋の信州小諸駅前で寅さんは一人の老婆に気に入られて仲良しになる。それが縁で老婆の主治医・真知子とも知り合う。女医の言うことはきかなくても寅さんの言うことは素直に聞く老婆であった。寅さんの小諸滞在が続く。真知子には歌をよむ大学生の姪・由紀がいた。小諸に遊びに来た彼女をまじえて三人の楽しい集い。短歌の話をしても寅さんにはさっぱりわからない。柴又に帰った寅さんは由紀に会いに早稲田大学を訪ねる。大教室に迷い込み教授と珍問答をかわし授業を滅茶苦茶にしてしまう。やがて老婆危篤の報が来て寅さんは小諸へ。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1988
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第40作】男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日の評価・レビュー

3.6
観た人
963
観たい人
134
  • 3.8

    chychyさん2021/04/11 09:08

    これもベストセレクションに入れとくかー( ゚Д゚)
    夢コントでなくOPとEDにつながる話し。
    とらやがくるまやになり。
    三平ちゃんが加わり。
    いつもの船長が院長になり。
    そして御前様の名言と、満男のなぜ大学へ行くのか?の問い。
    ぜひサラダ記念日を印刷して儲けてほしいなー(^^)d

  • 3.5

    oooさん2021/03/16 19:57

    さくらの方がお姉ちゃんみたいだね...



    寅さん、早稲田大学へ行く。


    短歌が字幕で出てくる今作。

    尾美さんが若い〜!
    笹野高史さんも若い。

  • −−

    Lynnさん2021/03/13 22:20

    「勉強したらいざって時にサイコロふって出た目で決めるみたいに運に任せるんじゃあなくて自分の頭でよく考えてどうしたらいいか決められる。そのために大学に行くんだろ?」

    そぉかぁ......

  • 3.5

    MiYAさん2021/03/05 23:59

    シリーズ40作目。マドンナは三田佳子。

    タコ社長が「地上げには応じない」なんて横断幕を掲げるシーンを見ると「1988年といえばバブルの真っ只中ではないか」と思うのですが、しかしその世間の喧噪などつゆ知らず、寅さんを取り巻く世界は以前と変わらない。マドンナが家族らを連れて柴又を訪れてワイワイと観光するシーンなんて平和だものなぁ。

    さて、俵万智の「サラダ記念日」がベストセラーになったのが1987年。マドンナの姪役の三田寛子が歌人の卵という設定で、彼女が詠む短歌をフィーチャーするという趣向がとてもユニークです。寅さんらの登場人物の心情を短歌(俵万智の歌のパクリですが)であらわすという手法はとても効果を上げています。

    マドンナの三田佳子は名女優としての貫禄がありすぎて、寅さんとの釣り合いが最初からとれていない気がしたのですが、案の定、あっけなく身を引いてしまって終わり。一方で、早稲田大学の講義に闖入して学生を爆笑させたかと思えば、(インドの通りゃんせ!)や、入院を頑なに拒否していた孤独なおばあちゃんとの交流ではしんみりさせるし、三田寛子の可愛さ、尾美としのりの人の良さなども印象に残ります。見どころ非常に多いです。

    でもやっぱり本作の主役は短歌でしょう。

  • 2.9

    millikさん2021/02/28 21:45

    尾美としのりと三田寛子の早稲田カップルかわいい。経済学の授業で寅さんが一席ぶつシーンがなかなかたのしかった。

  • 3.7

    広島カップさん2021/02/28 12:18

    主題歌やお馴染みの寅の口上からして七五調なので短歌や俳句などは本シリーズとは相性良しです。


    三田佳子
    ツインマドンナ
    三田寛子
    あまり似てない
    叔母と姪

    痛々し
    御前様の
    話す様
    智衆翁の
    身体を思う ※

    でこっぱち
    倍賞千恵子
    だけでない
    もひとり出てる
    奈良岡朋子


    歌詞が七五調でないサザンをわざわざ劇中に流したり、俵万智の短歌をいくつもテロップしたりと新しい風を入れて来ています。

    ※御前様の唯一の登場シーンは縁側でさくらと座って話す場面。なんだか様子が変な感じがしましたが後で調べてみたら笠智衆はこの時癌を患っていたとのこと。撮影は帝釈天ではなく自宅で行われたとのこと。

  • −−

    いちヘルさん2021/02/18 19:18

    そう言う難しい事は聞くなって言ったろう

    40作目

    寅さんが早稲田大学にいるという違和感(笑)
    ワット君って中村雅俊が演じた奴じゃん。
    寅さんと満男の土手のシーン👍️。
    サザン🎵

    マドンナ
    三田佳子
    ゲスト
    三田寛子
    尾美としのり

  • 3.5

    財前さん2021/02/13 14:20


    「何のために勉強するのかな?」

    🐯「人間、長い間生きてりゃいろんな事にぶつかるだろう。そんな時、俺みてえに勉強してないヤツは、振ったサイコロの出た目で決めるとか、その時の気分で決めるよりしょうがない。
    ところが、勉強したヤツは自分の頭で、きちんと筋道を立てて、“はて、こういう時はどうしたらいいかな?” と考える事が出来るんだ。だからみんな大学行くんじゃないか、そうだろう」

    未亡人の女医さん(三田佳子)と両想い⁉︎ なのにこの女性には筋道を立てて考える人の方が幸せになれると自ら手を引く寅さん。

    早稲田大学の講義で寅さんが話すワットくんは中村雅俊の事なのねww

    とらやの屋号が“くるまや”に変更。
    店員さんで三平(北山雅康)が初登場。

    今作からあけみ(美保純)が出てこない⁉︎
    寅さんとの絡みが面白かったので残念。

    【第40作】マドンナ:三田佳子 ゲスト:三田寛子、尾美としのり

    〔BS録画:4Kデジタル修復版〕 

  • 3.8

    吉永響さん2021/02/10 02:07

    前作、前々作が傑作だったからちょっと期待しすぎたかも。まさかサザンの曲が出てくると思わなかったな。俵万智の詩って心を締め付けるよね。

  • 3.5

    hayatomamuさん2021/02/02 20:46

    2021年7本目
    若かりし三田寛子。
    注射打たれるくらいなら即死を望みます、の名言。
    学生ってやっぱり素直に羨ましいなと思う、
    大人になり気づく。
    色々考えたのだが、早稲田大学を受けなさい、
    と俺も娘に伝えよう

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す