お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第20作】男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

G

恋愛に経験豊富な寅さんが、若い青年に迷コーチぶりを発揮するシリーズ第20作

とらやへ下宿する電気工事作業員・良介に押し売りと間違えられた寅さんは、機嫌を害したが、一緒にお酒を飲み仲直りした。そして良介が食堂の娘・幸子に片思いするのを見破り、デートのコーチをした。しかしデートはうまくいかず、結婚の申し込みも断られたと思い込んだ良介は、とらやの二階でガス自殺を試みた末、平戸島に帰った。寅さんが後を追い、良介の姉・藤子の仕事を手伝う頃、さくらは幸子の気持ちを察して良介に電話した。良介は幸子と柴又で再会、結婚話は急転したが、寅さんの藤子への想いはそうはいかなかった。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1977
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第20作】男はつらいよ 寅次郎頑張れ!の評価・レビュー

3.6
観た人
778
観たい人
99
  • 3.6

    Ricolaさん2020/06/02 17:16

    今回はわりとスムーズに帰ってきた寅さんであったが、事情をわかっていなかった若者に早速ぶち当たる笑

    寅さんの恋ももちろんだが、今回は若者たちの恋の方がストーリーの中心にあった。


    相変わらず寅さんが帰ってきたら、とらやは喧嘩やらで騒がしくなる。
    物干し竿に吊るされた社長はさすがにかわいそうだった笑

    中村雅俊も大竹しのぶも今と全然変わらなくてびっくり!
    どう見ても両想いなのに、すれ違う二人の不器用っぷりに、じれったいけれど、かわいすぎて見守りたいという気持ちの方が勝る。

    二人の映画デートでの、良介(中村雅俊)の慌てっぷりとガチガチの緊張し具合に、こちらまで恥ずかしくもなってくる。

    良介の故郷の平戸の美しさ。
    修学旅行で行ったときを思い出す。
    そこの神父様と船長(?)のキャラクターが面白くて、寅さんと相まって新たなコント感が生まれるのが楽しい。

    正直マドンナの存在感は今ひとつであったが、中村雅俊と大竹しのぶのフレッシュさと彼らの心温まる恋愛模様が、この作品の盛り上げ役となっていてよかった。

  • 3.8

    なおスコア高めさん2020/05/26 01:24

    男はつらいよ20

    中村雅俊も大竹しのぶも若い!
    そりゃそうだ、40年以上も前だもの
    でも一目観てすぐ分かる
    この中村雅俊演じる良介が、寅さん史上(20話までで)1番の大事件を起こす

    借りてる部屋で、何という無謀なことを
    若いからといえこれは大変なことをしでかした
    なのにとらやの面々は、そんな良介を心配したり、
    良介の姉を手厚くもてなしたり
    これが義理人情というものか

    寅さんの独り語りが始まると、待ってました!という感じ
    その隣で、ひろしさんが笑いをこらえてるのが好き
    「さあ、今日はこの辺でお開きにしますか」
    一通り話して気分が良くなったらニコニコしながら2階に上がっていく

    大竹しのぶも可愛かったなあ✨
    今回のマドンナ、良介のお姉さん、良介に指摘されるまで気付かなかったのか
    良介、そこは偉かったと思う

  • 3.7

    みやんさん2020/05/22 01:06

    20作目

    あかん…
    この作品から
    大竹しのぶさんや
    中村雅俊さんの
    若かりし頃が
    あぁ懐かしいと
    思い出してまいりました
    この頃でございます😅

    この作品のマドンナ
    この時代から
    悪気の無い
    悪魔的な女性はいたのですね(笑)

    そう感じた映画でございました
    悪しからず🙏

  • 4.5

    EmiDebuさん2020/05/18 19:22

    男はつらいよの名言としてよく挙げられる「アイ・ラブ・ユー できるか?青年」が登場する今作はその名言が象徴するように青年の恋愛の背中を押す物語だ。20作目ということもあって、いつも同じことの繰り返しのこのシリーズもこの作品から少し変化球が入ってきた。なんといっても寅次郎が序盤に家出をする下りがない!

    とらやに下宿することになった良介は寡黙だが気の利く青年。すぐにとらやのメンバーに気に入られる。実はこの青年には惚れている女性がいる。秋田から出てきて定食屋で働いている幸子。
    ある日柴又に帰ってきた寅次郎はこの恋愛を成就させようと動く。

    なんといっても寅次郎メインじゃないというスタイルの1発目ともいえる記念すべき作品。今後、満男の恋愛を後押しするようになるなんというかその走りみたいなものだね。

    この良介と幸子の両思いなのになかなか縮まらない恋愛がたまらなく可愛らしくて、そのくせお互い不器用で脆い。2人の起こす一挙一動に揺さぶられ時に儚い瞬間が訪れるとついこちらの目も潤んでしまう。
    特に幸子を演じる大竹しのぶ!こんな可愛かったんだね。秋田出身というキャラクター設定も相まってかなり感情移入してしまった。

    なんとなく、ここらへんから自分の知ってる時代に少しずつ重なってきていってるように思う。中村雅俊、大竹しのぶは24歳の自分でも良く知っている俳優、女優であるし、街を歩く女性たち、まぁこれを「今時だ!」と呼ぶのは難しいが教養として「あぁ、こんな時代もあったよね」と思えるようになってきた。
    このシリーズが順当に続いていったらスカイツリーに行ったりしたんだろうな、昔の人はそういう楽しみ方もできたんだからずるい

  • 4.5

    オヌサンさん2020/05/16 08:21

    ウ〜ン今回の寅さん特にわがまま😰
    と思って見始めたら、
    細かいネタがわっさわっさ。
    楽しい回であった。

    色白清楚な大竹しのぶから
    既に漂ってくるビッチ臭すごい😇
    天性のビッチだ‼️

  • −−

    ぱにえさん2020/05/09 23:29

    湯呑み持つにしてもいつもの寅さん、クタクタで抱えられても楽しい寅さん、失恋して手すりから手を離す時も悲しい寅さん。すごいぞ!
    大竹しのぶのおさげが幸せを運んできても、寅さんの失恋いつもよりおセンチで心配になる。そんな時寅さんには救い上げてくれる人たちがいるのよ。それが寅さんが生きてきた証や。頑張れー

  • 3.8

    よーへーさん2020/05/06 18:49

    あんまり寅さんがメインじゃない回

    若かりし大竹しのぶと中村雅俊美しいね。

    恋愛アドバイザーとしての寅さんもいい。
    その分寅さんの恋愛はあっさりしてたけどそれはそれで。

  • 3.8

    モモモさん2020/05/05 20:06

    まさか「男はつらいよ」で爆発シーンが観れるなんてね…。
    今作では「道路横断で左右確認するオッさん二人」「歯に挟まった物を汚く取ろうとするタコを見つめる面々の微妙な間」なんかのベタだが「寅さんがいなくても笑える」コメディ演出が良かった。
    寅次郎頑張れ!というストレートなサブタイトル。
    しかし若い中村雅俊と大竹しのぶ、滅茶苦茶に美形じゃないですか…。

  • −−

    くららさん2020/04/30 22:57

    シリーズ20作目。
    ・サブタイトル「寅次郎頑張れ!」がストレートで笑える。
    ・冒頭の夢のシーンで、とらやの皆がお金持ちに。
    ・「恋のコーチ役」寅さんがワットくんに伝授するデートプランがイケてる。
    ・ワットくんがなかなかのトラブルメーカー。とらやの2階で衝撃的な事件が起きるも、みんな寅さんのおかげなのか、修羅場に慣れてる感があったよね?
    ・平戸いいところ。
    ・ワットくんのことを心配してわざわざ平戸まで来てくれる寅さん……惚れる。

  • 3.2

    メタ壱さん2020/04/16 05:31

    男はつらいよシリーズ第20作目!

    とら屋さんに居候になっているワットくんと定食屋の娘と寅さんとワットくんのお姉ちゃんが織りなす初々しいラブストーリー!

    『寅次郎頑張れ!』というどストレートなタイトルが好き(笑)

    ここのところ深いドラマの多かった男はつらいよシリーズですが、今作は原点回帰というわけではないけれど、ドタバタ恋愛が中心になっているエンタメ成分が強い作品でこれもまた良き。

    この頃の作品になると、若かりし頃の中村雅俊さんや大竹しのぶさん、藤村志保さんといった僕の世代にもお馴染みの役者さんが出演されていて身近な感じに!

    一つ言えるのは、ワットくんにあれこれ恋愛指南をする寅さんだけど、あなたも人の事を言えないくらい恋に不器用ですよ!(笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す