お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第23作】男はつらいよ 翔んでる寅次郎

G

義侠心転じてほのかな恋の寅次郎…果たしてその結末は!?シリーズ第23作。

満男が書いた作文で気まずくなり旅に出た寅さんは、北海道で男に襲われかけたひとみを救った。ひとみは結婚を間近かに控えていたが何となく気が重そうだった。数日後、結婚式を逃げ出したひとみは柴又へ寅さんに会いに来た。母が迎えに来ても自分で生計を立てるというひとみはとらやで暮らし、寅さんは恋人きどりを始めた。そこへ結婚するはずだった邦男が度々訪れ、失恋豊富な寅さんに慰められた。やがて邦男はアパートに来たひとみに「好きだ」と初めて口にし、ひとみは再び結婚を決意するのであった。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1979
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第23作】男はつらいよ 翔んでる寅次郎の評価・レビュー

3.7
観た人
807
観たい人
110
  • 3.6

    みやんさん2020/05/24 12:34

    23作目

    桃井かおりさんは
    昔から
    桃井かおりさんなんですね(笑)

    個人的には
    湯原昌幸さん
    久しぶりで
    今 何していらっしゃるんだろうかと思っており
    今からググるといたします😁

  • 4.5

    オヌサンさん2020/05/16 19:37

    側から見たら十分恵まれているヒロインが
    とらやの面々や色々な人に散々迷惑かけて
    自活したいとか言うてる。
    チッという感じだったが
    布施明の溢れ出る優しさと穏やかさが
    全てをチャラに。
    前回の武田鉄也よりよっぽどええやん


    寅さんが、なんだか結婚ノリ気しなーい。
    と言う桃井かおりに、
    もっと大変な事情の人もいるのに、
    お前そんなことその人たちの前で言えるのか?みたいなことを言ってて、

    二ヶ月近くに渡るオットとの自粛生活にウンザリしていた自分も
    暴力振るわれてるわけじゃなし、そこまで生活が貧窮してるわけでもなし、
    もっと大変な人もいるんだから、
    不満に思わず頑張ろうと思った、、
    ありがとうよ寅さん、、

  • 3.2

    メタ壱さん2020/05/11 20:30

    男はつらいよシリーズ第23作目!

    今回のヒロインは桃井かおりさん演じるひとみ!
    桃井かおりさんは昔から桃井かおりさんで、あの独特な雰囲気と喋り方が他のマドンナとは一味違うキャラクター性をかもしだしてました!

    女の幸せな生き方とは?
    女性の生き方が昔のそれから今の時代へとシフトしていく、これもまた一つのウーマンリブ。

    寅さんという存在は、そんな何かと闘う人たちにとってのカンフル剤なのだ!

  • 3.7

    モモモさん2020/05/10 08:03

    ここ数作の中でも特に一作目に近い定型的な作りの一作。なんとなくマンネリ化が気になっても来たな…。
    未遂とは言え婦女暴行犯がコメディとして描かれてしまうのは時代を感じるが普通の悪人に対しては(滅茶苦茶弱い癖に)おちゃらける事なく悠然と女の盾になり、狡猾に得をする寅さんが格好よくて何だか笑ってしまった。
    育ちも頭も良く人当たりも良い雰囲気の柔らかい布施明、男はつらいよ史上のイイ男で良かった。
    脈絡なく歌唱を披露するサービス精神も良いですね。

  • 4.0

    3438さん2020/05/05 20:28

    化粧水ぬりぬりするおいちゃんかわいい
    「寅。おかえり」
    桃井かおりのしゃべり方とカップヌードル味のキス

  • 5.0

    革靴親父さん2020/04/19 18:20

    〜マドンナ〜
    ●入江ひとみ(桃井かおり)


    〜旅〜
    ● とある地方 日下部医院/寅さんうたた寝をしている
    ● 北海道 白老町 字虎杖浜 虎杖浜神社 寅さんがネクタイを啖呵売
    ● 北海道 千歳市 支笏湖/寅さん、ひとみ(桃井かおり)を、若旦那(湯原昌幸)の魔の手から助ける
    ● 北海道 千歳市 支笏湖 丸駒温泉旅館 若旦那の宿に寅さんとひとみが宿泊
    ● 東京都 千代田区 紀尾井町 ホテル・ニューオータニ/ひとみと小柳邦男(布施明)の結婚披露宴
    ● 東京都 台東区 浅草 新世界脇/カーテンの啖呵売をする寅さん
    ● 東京都 葛飾区 柴又 川千家/ひとみと邦男の結婚祝賀会で、寅さん仲人に
    ● 北海道 千歳市 支笏湖湖畔/寅さん、若旦那と再会

  • 3.6

    いのだいさん2020/04/19 01:35

    桃井かおりの喋り方って変わらないんだなあ。寅さん絶対惚れてないだろう。失恋と思えなかった。関係ない男女に振り回され披露宴まで面倒見る寅さん一行

  • 3.9

    ヘイヘイさん2020/04/09 09:25

    布施明と一杯やって帰宅後本人の気持ち含め男の失恋の気持ちを桃井かおるに伝えたシーンおやすみからのひとみちゃん「窓開けて空みてごらん
    お月様かさかかってるよ
    」 この一言にグッときた

  • −−

    れのをさん2020/04/03 17:22

    桃井かおり、布施明。
    直近の作品は正直、頂けないなあという気持ちが強かったんだけど(寅さんというキャラクターで何とか持っている感じ)、
    今作はかなりおすすめ。
    正直、桃井かおり力がビンビンである。
    そこに重なる布施明のあの素敵なスマイル。
    なんだかとってもほっこりする一作である。

    披露宴での布施明の歌唱は、本当にお見事!としか言いようがない。

    ゲストが良い具合にアンサンブルを演出している佳作。

  • 4.0

    Ghassoulさん2020/03/30 18:09

    今回は冒頭と結末がいつもと違うパターン。冒頭の夢シーンはいつもより長く、寅さんがヒーローになるような夢ではない。そして最後の方は珍しく寅さんが桜の言うことをすんなり飲み込んだことに驚き。

    若い頃の桃井かおりはほんと可愛い!可愛いんだけど、喋り出したらどうしてもあの喋り方に笑っちまう。
    布施明は爽やかすぎるんだよ。あのハンサムな容貌で、あの人柄の良さ。
    最後には映画内で布施明の生歌聴けるっていう贅沢。最高やんか。

    御前様が源ちゃんを鐘に閉じ込めた状態でそのまま鐘を鳴らすというガチ拷問シーンは爆笑だった。

    今回の寅さん切ないねえ。仲人頼まれちまうなんて。そして逃げ出さずに本当にやり遂げるなんて素敵やん。
    でも今回は寅さんの良い人っぷりより、さくらの良い人っぷりの方が目に着いたね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す