お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

【第26作】男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

G

ほろ苦く若い娘の恋を見守るシリーズ第26作。

北海道は江差。追分まつりのバイに出かけた寅さんは昔仲間の常の死を聞き奥尻島へ渡る。墓参りをすませての別れ際、島で働く常の娘・すみれは「東京へ出て働きながら勉強がしたい」と訴える。柴又とらやでは突然寅さんがすみれを連れて帰って来たのでひと騒動。事情がわかると勤め先も決めてやり、夜間高校への入学も一家をあげて応援する。わがことのように嬉しい寅さん。そんなある日すみれの恋人が現れた。彼女の告白にムッとする寅さんだが「幸せにならなかったら承知しねえぞ」と告げて旅に出るのだった。

お得なパック(2)

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1980
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

【第26作】男はつらいよ 寅次郎かもめ歌の評価・レビュー

3.6
観た人
765
観たい人
117
  • 4.0

    みやんさん2020/05/28 01:26

    26作目

    今作の寅さん
    むちゃくちゃ
    かっこよろし!
    ほんと素敵やわ!
    こんな寅さんに憧れます😁

    今でこそ
    どこにでもある
    コンビニ
    セブンイレブン…
    この時代は
    スーパーセブンイレブン…(笑)
    びっくりしました😁

  • −−

    ひさとさん2020/05/26 23:46

    娘のように思うすみれ(蘭)さんへ、みんなで出来ることをやろうと500円玉を投げ願掛けし、勉強を教えて、寅さんは裏口入学を相談する(おい!)笑
    出来ることをやろうと、強がりをみせる寅さんは憎めない。

  • 3.8

    メタ壱さん2020/05/26 18:16

    男はつらいよシリーズ第26作目!

    今回の寅さんはいつもと違う!
    これまで多くの恋をしてきた寅さんだけど、今回は寅さんが身寄りのないすみれの父親代わりに!

    でも父親の娘を思う気持っていうのはどこか恋にも似ている気がします。

    そんな寅さんの一面がみれるのも楽しいし、北海道訛りのすみれが可愛くて可愛くて!

    26作目くらいになると、伊藤蘭さん、村田雄浩さん、あき竹城さんなどよく知った役者さんたちが登場し、セブンイレブンまで出てくるので時代が近づいている感じがします!

  • 4.0

    髙田雄太郎さん2020/05/14 20:40

    今までの男はつらいよとはテイストが変わったように思えました。
    今までは寅さんの惚れた腫れたの話が多かったけど今回は寅さんが親目線からの愛のようなものを感じました。

  • 3.0

    らぱしおんさん2020/05/12 17:27

    本シリーズもいよいよ80年代に突入し、ヒロイン伊藤蘭はセブンイレブンのバイトをしており、店内では長渕剛の「順子」が流れている。かつてのおいちゃん役・松村達雄が彼女の通う定時制高校の教員役で久々に出演。彼が授業内で朗読する、ある国鉄職員の書いたトイレ掃除の詩がとても印象に残る。それにしても安定の松村達雄。彼が出てくるだけでなーんか安心するなぁ。あと、「麒麟」で老獪な武将を演じている村田雄浩がお肌ツルッツルのプリップリで登場!若い!!超人バロム1の白鳥健太郎や光石研が定時制高校のクラスメイト役で出演!若い!若い!若くて誰だかわからん!満男は懐かしいゲーラカイト持ってた。そうそう、この回でさくらたち一家はついにマイホームを手に入れたのである。けど間取りといい、ある場所といい、今まで住んでいたアパートと大差のない家!

    すでに前作「ハイビスカスの花」でフーテンの身の上としての理想的恋愛を描ききってしまったので、本作でヒロイン伊藤蘭に向けられる寅さんの目線はひたすら父親のそれなのである。それが素晴らしくもあり少し寂しくもあった。

  • 4.0

    モモモさん2020/05/12 16:43

    亡くなった渡世人仲間の娘との擬似親子関係を軸に展開する待望の「恋愛しない寅さん」を最後まで貫く「男はつらいよ!」!!
    これをずっと待っていた!!
    (とは言っても全く下心が無かったとも思えないのが寅さんなのだが)
    恒例の帰省即喧嘩からの旅パートが物寂しい空気感を纏った渋い作りで良かった。
    源ちゃんから借金という名の強奪をして工面した金とは言え妹の気遣いに素直に感動して送った引越し祝い金を「高額過ぎるから」というプライドが傷付く他ない気遣いをされて受け取り拒否されてしまっては流石の寅さんも可哀想だ。
    その後また帰ってきたら今後は指名手配犯扱いされる泣きっ面に蜂状態の中でマドンナ(本作ではその表現が正しいとは思えないが)がコメディ扱いせずに怒りをブツけるのが最高でしたね…。
    今までの女優陣の中でもダントツの好感度でした。
    前作で「擬似結婚生活」を描いて本作では「擬似親子関係」ですからね。やっとシリーズの折り返し地点なんですが僕はもう胸が一杯ですよ。
    「おいちゃんが…二人…!?」現象、メタメタで良かったです。

  • 5.0

    革靴親父さん2020/04/20 22:41

    〜マドンナ〜
    ●水島すみれ(伊藤蘭)

    〜旅〜
    ● 関西 ある神社の社/寅が目を覚ます
    ● 北海道 江差/第18回江差追分大会で、売をする
    ● 北海道 奥尻島/すみれの父親の墓参りをする
    ● 徳島県 鳴門市/四国巡礼八十八カ所めぐり、第一番札所、霊山寺の門前

  • −−

    れのをさん2020/04/13 16:25

    夜学と寅さん。

    2代目おいちゃんが教師役で登場。
    結局3人違ってみんないい。
    2代目も好きだなあ。

  • 5.0

    autsnichさん2020/03/20 16:08

    セブンイレブンが出てきたり、でもスーパーって呼ばれてたり、欄干のない橋が初期はしょっちう出てきたけど田舎でも立派な橋がかかってて、高度経済成長が極まった感じ!現代に近づいてきた!
    定時制高校も出てきて当時の雰囲気が楽しい。ちょっと出てくる授業で朗読される詩、ひとつにも、監督の優しい眼差しがあるなあー

    寅さんが最後願書を出してるんだけど、ドロップアウトした寅さんが毎日生徒とかおしゃべりしに通っているうちにそういう気持ちに自然となって願書を書いたわけで、
    そういうゆとりのある世の中、学校って、あるといいよな。

  • 4.4

    なまさん2020/03/20 03:52

    26作時点で個人的には最高傑作
    新居に寅さんの部屋を置いてあげるさくら達 
    寅さんの姿をあえて映さないのがよき

    相変わらず空回りながらも寅さんの優しさがこれでもかと滲みでた凄く好きな回。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す